ポステコグルー監督、ELでの4失点大敗に「この悔しさを次の試合に向けて…」

拡大画像を見る

 セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督がヨーロッパリーグ(EL)についてコメントした。1日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 9月30日にELグループステージ第2節レヴァークーゼン戦に臨んだセルティックだが、ホームの地で0-4で敗れる結果となった。これで同大会2連敗を喫したポステコグルー監督は「0-4で負けてしまうと、素晴らしい雰囲気を作ってくれたファンにとっても残念な結果となってしまう。多くの点で、我々は自分たちでいくつかの問題を作ってしまった。この悔しさを次の試合に向けてのモチベーションにしなければならない」とコメント。また、以下のように続けた。

「我々には多くのチャンスがあった。ただ、相手は質の高い選手を擁する良いチームで、彼らはチャンスをものにした。我々はいくつかのミスを犯して相手に優位な状況を与えてしまったと思う。このレベルでは、ミスをすれば代償を払うことになる。チャンスもしっかりものにしないといけない。今日、我々はそれができなかった」

 しかし、同監督はELについて「勝ち上がるためには、今後の試合に勝たなくてはならない。我々にとって良いチャレンジだと思う」とも語り、グループステージの突破へ前を向いている。

関連リンク

  • 10/1 13:04
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます