倉科カナ 鈴木梨央の演技力を絶賛「瞬発的にグッと集中する力がすごい」

拡大画像を見る

 女優の鈴木梨央(16)と倉科カナ(33)が、NHKBS1で放送されるドキュメンタリードラマ「命のバトン」(11月18日、前編=後8・00、後編=後9・00)のオンライン取材会に参加。思いがけない妊娠をした女子高校生を演じた鈴木は、久々の共演となった倉科から演技力を絶賛された。

 愛知県の児童相談所が全国に先駆け、30年以上前から取り組んできた“赤ちゃん縁組”(新生児特別養子縁組)がテーマ。妊娠して1人悩んでいた女子高生が児童相談所の職員(倉科)など、さまざまな人との出会いを通して、命の重みと向き合っていく。

 鈴木は過去の体験談として、子ども食堂に感銘を受け、調べて授業で紹介したエピソードを披露。倉科が「私の話は忘れて下さい」と優等生ぶりに驚き、自虐で笑わせる場面も。そんな鈴木の演技力を倉科は「瞬発的にグッと集中する力がすごい」と絶賛。鈴木は「一つ一つの言葉に重みがある。演じた思いを皆さんに届けることができたら」とPRした。

関連リンク

  • 10/1 13:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます