夏目三久 夫・有吉と有終共演「-怒り新党」14・3% 各局同時間帯トップの高視聴率

拡大画像を見る

 9月30日に放送されたテレビ朝日系バラエティー番組「マツコ&有吉 怒り新党 解散!!生放送2時間スペシャル」(後8・00~9・48)の世帯平均視聴率が、14・3%(個人8・3%)を記録したことが1日、分かった。前4週の世帯平均視聴率は10・7%で3・6ポイント増。

 同番組は芸能界を引退する元日本テレビアナウンサーで、フリーの夏目三久(37)が最後にテレビ出演した番組。瞬間最高視聴率は、午後9時35分の16・8%(個人9・7%)で占拠率は22・0%だった。同時間帯では、日本テレビ系の「秘密のケンミンSHOW極」、TBS系の「プレバト!才能ランキング」など人気番組を抑えて、トップの高視聴率で有終を飾った。

 番組のラストでは、マツコ・デラックスが、同日朝のTBS「あさチャン!」では夏目の最後の挨拶の途中で番組が終わってしまったことをイジり。トークを続けるマツコに、夏目は「マツコさんすみません、最後にご挨拶させていただきたいと思います」と制して笑わせた。

 夏目は「私はこの世界を去りますけれども、これからも、『かりそめ天国』を見て、笑っていただけたらなと思います」と挨拶。少し目を潤ませながら「ここまで続けてこられたのも、視聴者の皆さんが応援してくださったおかげです。みなさんのおかげで、ここまでやってくることができました。本当にありがとうごいざいました」と笑顔で語っていた。

関連リンク

  • 10/1 12:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます