塩とネギとレモンの香りが最高 これが究極のそうめんレシピだ!

拡大画像を見る

そうめんといえば、日本の夏の麺料理の代表格ですよね。

スーパーなどで簡単に手に入り、暑い日や食欲がない状態でも、 さらっと食べられることから、多くの人にとって身近な食材であるかと思います。

そんなそうめんですが、やはり『夏』のイメージが強く、 それ以外の季節に食されているイメージはあまりありません。

中には「夏にたくさん購入したけれど、余ってしまった」という人もいるのではないでしょうか。

2021年9月26日、料理研究家のリュウジ(@ore825)さんが、一年中そうめんを食べたくなるレシピを、Twitterで紹介し、話題となっています。

『ねぎ塩油焼きそうめん』

紹介されたのは『ねぎ塩油焼きそうめん』。

レシピは、以下の通りです。

材料:
・豚こま肉 80g
・長ネギ 1/2本(60gほど)
・そうめん 2束100g
・塩コショウ 適量
・片栗粉 小さじ2ほど
・ごま油 大さじ1/2(肉を焼くとき)と小さじ2(そうめんを入れた際)
・ウェイパー 小さじ1弱
・酒 大さじ1半
・レモン汁 小さじ1
・黒胡椒 適量
※仕上げに追い黒胡椒とカットレモンを添えて
※味変でラー油

まずは、斜めにカットした長ネギと、塩コショウ・片栗粉をまぶした豚こま肉をごま油で炒め、 ウェイパーと酒で味付けをしていきます。

30秒ゆでたそうめんを、ごま油で混ぜ合わせて、温める程度に軽く炒めます。

レモン汁・黒コショウを振りかけて完成!

リュウジさんいわく、「塩とネギとレモンのいい香りが、細いそうめんに絡んで、最高においしい!」という逸品。

主食にはもちろん、お酒との相性も抜群だそうです。

お好みでラー油を入れると、味が変わってさらに楽しめるとのことでした。

ネット上でも「早速試した」といった声が相次ぎました。

・簡単だし、おいしかった!そうめんがこんな料理になるなんてびっくり!

・小腹が空いたので、一人前を作ってみたら、サッパリして激ウマだった。

・そうめんが家になかったけど、これが食べたくて買ってきた。

この食べ方であれば、まさに一年中そうめんが楽しめますね!

まだ、そうめんが残っている人は、作ってみてはいかがでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

出典 @ore825

関連リンク

  • 10/1 12:16
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます