キャサリン妃、煌びやかなレッドカーペットから一転 タランチュラを手のひらにのせて微笑む

拡大画像を見る

現地時間9月28日、英ウィリアム王子・キャサリン妃夫妻がロンドンのロイヤル・アルバートホールで開催された映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミアに出席した。妃はお気に入りブランドの1つである「ジェニー・パッカム(Jenny Packham)」のドレスを着て登場、ゴージャスなゴールドのケープガウンを堂々と着こなす姿には、

「今日の主役はキャサリン妃で決まり」
「ギリシャ神話の女神のよう」
「あなたこそ正真正銘のボンドガールだわ!」

といった称賛コメントがSNSに続々と綴られた。

そんな興奮冷めやらぬレッドカーペットイベントから一夜明けた29日、今度は夫妻がそろって北アイルランドでの公務に出席、前夜の疲れを微塵も見せることなく終始笑顔で人々と接していた。妃はゴージャスなレッドカーペットファッションから一転、この日は「エミリア・ウィックステッド(Emilia Wickstead)」のパンツスーツにタートルネックを合わせた仕事モード全開のファッションで登場。プラムやネイビーといった、ともすれば重たい印象になりがちなダークカラーの装いに、ポニーテールにまとめた若々しいヘアスタイルを合わせた着こなしが再び注目を集めた。

夫妻は今年2月にアルスター大学の看護実習生らとビデオ通話経由で対面、パンデミック最中に第一線で活躍する彼らのリアルな日常に耳を傾けていたのだが、この日訪れたマギーキャンパスではその中の数名との再会も実現した。同キャンパスにあり、じかに動物と触れ合うことのできるペッティングファームでは、夫妻の長女と同名のタランチュラ“シャーロット”と遭遇した夫妻。公式Twitterには、

「タランチュラの“シャーロット”によるサプライズ・ゲスト出演」

と記して、手のひらにのせた“シャーロット”にとびきりの笑顔を向けるキャサリン妃の姿が公開されている。そんなハイテンションな妃とは対照的に、後方でやや顔を引きつらせながら傍観するウィリアム王子の姿がなんとも微笑ましい。この写真には、

「勇敢なプリンセス」
「生き生きした表情で童心に返るキャサリン妃がかわいい」
「キャサリン妃の手のひらにのれるなんて、世界一幸運なクモだね」

など異色のツーショットにまつわるコメントが多数寄せられた。また、

「どんな所作も神々しい」
「何を着ても似合う」
「キャサリン妃に不可能という文字はないようだね」

など前夜の華やかなレッドカーペットイベントから一転、颯爽としたパンツスーツ姿でタランチュラと戯れる妃の無邪気な一面とのギャップを称賛するコメントも多数見られた。

ちなみにシャーロット王女と長男ジョージ王子は、大のクモ好きである。3年前に訪れたある野外学習センターでも「ジョージとシャーロットはクモが大好きなんです。庭で何時間もクモを探し回るんですよ」と明かしていたキャサリン妃だけに、タランチュラを自身の手のひらにのせたという勇敢エピソードにはきっと子供達も熱心に耳を傾けたことだろう。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2021年9月28日付Instagram「Wonderful to see @007 back on our big screens!」』『The Duke and Duchess of Cambridge 2021年9月29日付Twitter「A surprise guest appearance from Charlotte the tarantula」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 10/1 11:57
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます