「相葉雅紀とのダブル婚」嵐・櫻井翔は「年収5億円」有吉弘行、「年収3億円」坂上忍より余裕!?「新婚生活」も安心な「お金事情」!

拡大画像を見る

 9月30日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、坂上忍(54)がゲスト出演した。

 番組では、坂上とMCの有吉弘行(47)が貯金事情について話を展開していたところ、坂上がMCの嵐・櫻井翔(39)に対して、「(櫻井が)一番金持ちでしょ!」と話を振った。

「櫻井は突然の坂上の振りに、“なんでですか! そりゃそうじゃないですよ”と否定します。それでも坂上は、“アイドル事情はよくわからないけど、嵐なんてとんでもないでしょ”“いいなあ〜”と畳み掛けます。

 しかし、櫻井は貯金や給与事情について明言を避けて、“いいなあってなんですか! そうなのか比べるのはわからないですけど、ビックリしたのは、10年くらい前に日経エンターテインメントとかで(嵐の)経済効果を見たときに、122億円とかだったかな。僕らのコンサートだけじゃなくて、ファンの方が移動するとかホテルが埋まるとか、それ見たときはビックリしました”と語りました」(女性誌記者)

 そんな櫻井は9月28日、メンバーの相葉雅紀(38)と揃って世間をあっと言わせたダブル結婚を発表している。今回、気になる新婚夫の詳しい金銭事情は明らかにはならなかったのだが、

「坂上がかなり追い込みをかけていたのですが、櫻井は貯金や給与事情に明言を避けつつも坂上の言っていることに対して、それほど強く否定をしていませんでした。それから考えると、櫻井も坂上や有吉並み、もしくはそれ以上に金銭的に恵まれた状況にあるのかもしれませんね」(前同)

■2019年には「“億”いかない」発言報道も……

『夜会』や『有吉の壁』(日本テレビ系)など、数多くの冠番組、レギュラー番組を抱えて大活躍中の有吉は、4月8日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、年収は5億円を優に超えている、と伝えられている。

「有吉さんが相当な金額を稼いでいるのは間違いないですが、坂上さんも負けていません。坂上さんがMCを務める『バイキングMORE』(フジテレビ系=以下同)は、2020年9月から現在のタイトルに変更して、放送時間も1時間延長。坂上さんの1回のギャラは70〜80万円ともささやかれています。

 この番組のギャラだけでも、単純計算で年間1億9200万円ほどに達しますが、坂上さんはほかにも『坂上どうぶつ王国』などのレギュラー番組もあり、それらを合わせると、年収が3億円を下ることはないのではと見られています」(ワイドショー関係者)

 年収5億円と3億円、億万長者の有吉と坂上の稼ぎを、櫻井が超えているということがあるのだろうか。

「櫻井さんは、2019年9月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で周囲に対して、“俺でも『億』いかないんだぜ”とギャラについての愚痴をこぼしていると報じられました。

 そこから2年が経って、嵐は活動休止をしましたが、櫻井さんの金銭事情が大きく変わっている可能性が考えられます。櫻井さんは『夜会』をはじめ『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)といったレギュラーもありますし、2020年11月の『週刊文春』では、2021年以降、単独で活動していくことで収入が不安定になる嵐のメンバーを救済する“年金”のような意味合いで、嵐のファンクラブ収入が彼らの元に入ると伝えています。

 さすがに、収入で、多数の冠番組を抱える有吉さん、そして『バイキングMORE』という帯番組のMCを務める坂上さんを超えてくることはなさそうですが、嵐の活動休止後の今は新たな“収入源”があるようですので、“余裕がある”という意味では一番なのかもしれませんよ。どうやら、新婚生活のお金事情は安泰なようですね」(前同)

 超売れっ子タレントと3人によるお金トーク。庶民からすれば羨ましい限り!?

関連リンク

  • 10/1 11:43
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます