沢城みゆき、民放連ドラに“顔出し”初出演 『科捜研の女』で大学准教授役に挑戦

 女優の沢口靖子が主演する10月14日スタートのドラマ『科捜研の女 Season21』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の第1話に、声優の沢城みゆきがゲスト出演することが発表された。マリコ(沢口)が追う事件の被害者と“深い関わり”のある大学准教授を演じる。沢城が民放の連続ドラマに顔を出して登場するのは初めて。

 京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く、『科捜研の女』。1999年にスタートし、現行のテレビドラマでは最も長く続いている長寿シリーズとなっている。

 10月14日放送の『Season21』第1話には、『科捜研の女 ‐劇場版‐』に引き続き、マリコの別れた夫・倉橋拓也(渡辺いっけい)が登場する。倉橋は、自身が室長を務める警察庁“刑事指導連絡室”の専門指導官にマリコを推薦。それだけではなく、同僚が京都出張中に謎の転落死を遂げたことを打ち明け、真相を突き止めてほしいとマリコに依頼する。

 そんな波乱のストーリーの中で沢城が演じるのは、転落死した警察庁キャリアの元妻・水城和穂。数学者で大学の准教授を務める和穂は、事情を聴きにやって来たマリコや土門薫刑事(内藤剛志)に対し、友好的とはいえない態度を取る。学生を育てるのが天職だといい、元夫と別れた理由を語る彼女の言葉は、異動話に悩むマリコの心を揺さぶるが、捜査が進むうち、和穂に“疑惑”がふりかかり…。まさに、第1話のカギを握るキーパーソンだ。

 声優・ナレーターとして活躍する沢城は、女優としても2019年、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)に出演。今年4月期のドラマ『ドラゴン桜』(TBS)では“声の出演”も果たしたが、民放の連続ドラマに顔を出して登場し、役を演じるのは本作が初めて。

 沢城は今回のオファーについて「声だけならまだしも、大学の准教授という役どころでしたので、いろんな意味で格好がつくのか未知数でした」としつつ、「私にできると思うからお声がけ下さったと都合よく自分の背中を蹴飛ばし、こんな機会はなかなか訪れるものでもなく、挑戦させていただくことにしました」と出演を決意した経緯を明かした。

 演じる和穂は登場早々、マリコや土門に強烈な嫌味を放つ。沢城は「言葉自体がきつくても、言い方によっては腹が立たなかったりもしますよね。一言ひとこと、なぜその言葉のチョイスになったのか和穂の心情を丁寧に埋められたらと思いました」と、真剣に役に向き合ったことを告白した。

 沢城はまた、「第1話は夫婦ってなんだろう、男女って何だろう、相棒ってなんだろう…と、自身の人生をふと照らし合わせながら味わえる、“大人な”ストーリーです。台本を読んだ時点で胸にくるものがあり、ドラマのファンの皆様には早く見ていただきたいと思うような展開なのでご期待ください」と、見どころを語っている。

 木曜ミステリー『科捜研の女 Season21』は、テレビ朝日系にて10月14日より毎週木曜20時放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/1 6:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます