自宅でバスケの練習をしていた青年 すると突然『応援団』が現れて…?

拡大画像を見る

アメリカでは、庭や玄関先に置かれたバスケットボールのゴールで、子供たちが遊んでいる光景がよく見られます。

frostwoods75(frostwoods75)さんは、自宅の前でシュートの練習をしていた時の様子をTikTokに投稿。

投稿者さんがちょうどボールを投げようとしたその時、たまたま目の前の道を1台のトレーラーが通りかかります。

放ったボールが見事にネットを揺らすと、それを見ていた人たちが…何が起きたのかはこちらをご覧ください。

祝福の生演奏が始まった!

シュートが決まった瞬間、車の上の人たちから大歓声が沸き起こります。まるで全員が投稿者さんの応援団のよう!

この動画には53万件を超える『いいね』が集まり、さまざまなコメントが寄せられました。

・投稿者さんは動画を撮っていてよかったね。いい記念になるだろう。

・この動画を100回見たよ。最高の気分になれた。

・これって、すべての子供たちの夢だよね。

トレーラーに乗っていたのは、オハイオ州の『グローブ・シティ高校』のマーチングバンドです。

バンドのメンバーは毎年夏になると、こうしてトレーラーに乗って地元の町を演奏して回るのだそう。

彼らがたまたま通りかかったところで、投稿者さんがシュートを決めたのです。絶好のタイミングでしたね。

投稿者さんの動画が拡散したことで、『グローブ・シティ高校』のマーチングバンドも注目を集め、数々のメディアでも紹介されています。

たとえ練習でも、シュートが決まったら嬉しいもの。そして、その瞬間を盛大に祝ってくれる人たちがいるなんて、投稿者さんの喜びも倍増したはずです。

きっとこの出来事は、投稿者さんにとって忘れられない思い出になることでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 frostwoods75@StaciaWSYX6

関連リンク

  • 10/1 11:21
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます