夏目三久の「あさチャン!」炎上で“宇垣美里の過去”が注目されたワケ

拡大画像を見る

 9月30日、フリーアナ・夏目三久がMCを務める情報番組「あさチャン!」(TBS系)が最終回を迎えた。同番組は最後、夏目の言葉が尻切れとんぼになったという。

「番組の終盤、夏目へのサプライズとして、スタジオにプロ応援団『我武者羅應援團』が登場しました。しかし、応援団のエールが放送時間ギリギリまで続いたことで、夏目アナに残された時間はわずか12秒となり、最後の挨拶も途切れることとなったのです」(テレビ誌記者)

今回の番組構成に対し、視聴者からは「お別れの言葉も一生懸命考えてきただろうに、気の毒すぎる」「7年半、毎朝頑張ってきた人に対してこの仕打ちはない」「番組プロデューサーの見識を疑う」などと批判が殺到し、ネットが炎上する事態となった。

そんな中、元TBSアナのある騒動が、一部で再注目されたという。

「『あさチャン!』といえば過去、TBSアナだった宇垣美里も出演していました。当時、一部週刊誌では、宇垣が同番組のプロデューサーと降板を巡り口論となった際、コーヒーをぶちまけたと報じられたことがあります。その時、ネット上では彼女に対するバッシングが相次いだものでしたが、今回、番組スタッフが夏目のラストを台無しにしたことで、『宇垣が正しかったことが証明されたな』『私もコーヒーをぶちまけたくなった』と、状況は違えど宇垣の怒りに理解を示す声が多くあがることとなりました」(前出・テレビ誌記者)

 同日に放送されたバラエティ番組「マツコ&有吉 怒り新党 解散!! 生放送2時間スペシャル」(テレビ朝日系)では、落ち着いて最後の言葉を伝えた夏目。それだけに「あさチャン!」の演出は、さらに厳しい目を向けられることとなりそうだ。

関連リンク

  • 10/1 11:25
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます