レディー・ガガ主演×リドリー・スコット最新作『ハウス・オブ・グッチ』来年1.14公開&特報解禁

拡大画像を見る

 レディー・ガガが主演を務めるリドリー・スコット監督の最新作『House of Gucci(原題)』が、邦題を『ハウス・オブ・グッチ』として、2022年1月14日より日本公開されることが決定。併せて特報が解禁された。

 本作は、世界的トップブランドの元祖と呼ばれるGUCCIの創業家一族崩壊を巡る、闇に包まれた真実を描くサスペンス。サラ・ゲイ・フォーデン『ハウス・オブ・グッチ 上・下』を原作に、グッチ一族の確執とその中で起きたマウリツィオ・グッチ殺害事件が描かれる。

 1995年3月27日、ミラノで多くの目撃者がいる中、銃声が街に響き渡る。殺害されたのは、GUCCI創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオ・グッチ。犯人が特定できない状況が続く中、その実行犯の黒幕が明かされる。それは妻のパトリツィア・レッジャーニだった―。

 グッチ家崩壊を招くパトリツィア・レッジャーニには、世界的ミュージシャンであり、初主演映画『アリー/ スター誕生』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたレディー・ガガ。その夫マウリツィオ・グッチにはアダム・ドライバー。さらにアル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジャレット・レトなどハリウッドを代表する“オスカー受賞俳優陣”が勢ぞろいした。監督は、『エイリアン』や『ブレードランナー』などの名作から、アカデミー賞作品賞を受賞した『グラディエーター』まで幅広い作品を世に送り続けるハリウッドの巨匠リドリー・スコット。

 特報は、ゴージャスな毛皮姿でさっそうと登場するパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)の登場からスタート。「その名前は甘く響き、私を誘惑する」というナレーションとともにグッチ店舗から出る女性を見つめるパトリツィア。「富の象徴であり、スタイルや権力、だが呪われた名前でもある」という言葉に続き、グッチ家の御曹司マウリツィオ(アダム・ドライバー)と出会い、結婚を経てグッチ家の一員として迎えられる様子が描かれる。

 グッチ家の嫁として華やかなファッション業界を満喫するパトリツィアは、徐々にグッチ家での地位を高めていく。「グッチには新しい血が要る。“不要なもの”は捨てなければ」という不穏なセリフも差し込まれ、金や家族、権力、裏切りがうごめくグッチ一族の栄枯盛衰が、きらびやかな映像と共につづられていく。「特に道徳心は高くないけど、私はフェアな人間よ」と混ぜたカップの端でスプーンの水滴を切るパトリツィア。そのリラックスした表情の裏に隠されたグッチ家最大のスキャンダル事件とは? 物語の展開に興味が膨らむ映像となっている。

 映画『ハウス・オブ・グッチ』は、2022年1月14日より公開。

関連リンク

  • 10/1 7:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます