ダウンタウンと有田哲平『お笑いの日』「16年ぶり共演」の裏にある「2004年M-1グランプリ」での“プライベート共演”秘話!

拡大画像を見る

 10月2日に放送されるTBSの大型お笑い特番『お笑いの日2021』(14時から8時間生放送)で、総合MCのダウンタウンとくりぃむしちゅー・有田哲平(50)が、2005年1月放送の『史上空前!!笑いの祭典ザ・ドリームマッチ2005』以来、約16年振りとなる同局での共演を果たす。

 有田は、『お笑いの日』で放送される『賞金奪い合いネタバトル ソウドリ〜SOUDORI〜』で“ドン・アリタ”として司会を務めている。

「かなり長い期間、ダウンタウンと有田はTBSで共演をしていなかったのですが、両者が不仲とかいうわけでは決してないでしょう。松本人志(58)と有田は、『ザ・ドリームマッチ2005』以降も2005年12月、2008年3月と6月に『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)で共演しています」(芸能記者)

 仕事だけでなく、松本と有田はプライベートでの交友もあるようだ。9月30日に放送された『はやドキ!』(TBS系)に出演した有田は、「松本さんとは何度も。1年に1回くらいお食事は行かせていただいております」と松本との交友があることを明かしている。

「松本さんと有田さんは、プライベートの交流の中でも、“因縁めいた出来事”もあったといいます。それは、2004年12月に行なわれた『M-1グランプリ2004』(テレビ朝日系)でのことです」(放送作家)

■“奇跡的に”一緒に視聴した『M−1』で盟友の優勝を見届ける

 2001年に始まった『M-1グランプリ』では、松本は第1回から審査員を長らく務めている。しかし、皆勤賞というわけではなく、歴代王者だけで審査員が構成された2015年大会、そして2004年大会で2度、松本は欠席している。

「2004年大会で松本さんが欠席したのは、裏番組で相方の浜田雅功さん(58)がMCを務める『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)の特番が放送されていて、コンビでの裏被りを避けるためだったといいますね。そこで松本さんは2004年大会を自宅で生視聴したそうですが、そのとき一緒に見ていたのが有田さんだったんです」(前出の放送作家)

 松本と有田が一緒に鑑賞したという2004年大会は、南海キャンディーズ、麒麟、タカアンドトシとしら並み居る強敵を退けてアンタッチャブルが制した。

「優勝したアンタッチャブルの山崎弘也さん(45)ですが、有田さんとは大の仲良し。かつては同じマンションに住み、東京・目黒にあるラーメン二郎の長蛇の列に一緒に並ぶほどの関係だったといいます。不仲から約10年間活動していなかったアンタッチャブルを復活させたのも、有田さんがMCを務める『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、2019年11月放送回)でしたよね。

 有田さんとしては、可愛がっている後輩の山崎さんがいるアンタッチャブルが優勝する大事な瞬間を、イレギュラーなことでたまたま審査員として出演していなかった松本さんと一緒に見ていたということです」(前同)

 松本は、2019年12月放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、『全力!脱力タイムズ』でアンタッチャブルが約10年振りに漫才を披露したことに触れ、「アンタッチャブルが優勝するのを僕の家で一緒に見ていたのが有田なんです。だから、不思議な巡り合わせ」「(番組を)僕も見させてもらいましたけど、もちろんアンタッチャブルもすばらしいんですけど、それを見つめる有田が僕はなんかすごく良かったなと思ってね」と語った。

「松本さんとしては、アンタッチャブルが頂点に立つ瞬間を一緒に見ていた有田さんのことも、アンタ復活の『脱力タイムズ』では気になって見てしまっていたのではないでしょうか。アンタッチャブルを通じて不思議な縁がある松本さんと有田さんが今回、『お笑いの日』での久々の共演でどんな笑いを届けてくれるのか非常に楽しみですよね」(同)

 有田が出演する『ソウドリ』は、10月2日15時30分頃から放送される予定だという。

関連リンク

  • 10/1 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます