中村倫也、オンラインゲームでの迷惑行為をひと言で一蹴したメンタルに称賛の声

拡大画像を見る

 俳優の中村倫也が9月25日に放送された特別番組「劇団☆新感線 最新作『狐晴明九尾狩』がいよいよ大阪に!」(朝日放送)に出演。その際、オンラインゲームをプレイしていて、イラッとした出来事について明かした。

 同番組は中村も出演する劇団☆新感線の最新公演「いのうえ歌舞伎 狐晴明九尾狩」をPRする番組で、向井理、吉岡里帆ら共演者たちと出演。陰陽師役を演じることにちなみ、自身が持つ“陰”の部分について聞かれた中村は「オンラインゲーム。いろんなのあるじゃないですか、今」「この何カ月かハマッたゲームがありまして、それが銃を拾って殺し合うという、それをずっとやってますね」と、オフの日はひたすらオンラインゲームをプレイしていると返答。

 そのオンラインゲームは友人に勧められて始めたといい、最初のうちは上手く操作できなかったものの、やっていくうちにそれなりにプレイできるようになったそうで、「友だちとかとパーティ組んで遊ぶ時もあれば、1人でフラッと入って全然知らないオンライン上の人とチームになって遊ぶこともあります」とコメント。

 しかし、見知らぬ人とプレイするというのは楽しいことばかりではないようで、「全然知らない、お互いにコミュニケーション取れない、ボイスチャットもなければという時に、『なんでだよ!』って思うことをする人がいるわけですよ。たまに。そうするとずっと文句言いたくなります。信じられない」と話し、イラっとすることもあるそうだ。

 続けて、「なんかわかんないけど、同じ仲間なのに、撃ってくるヤツがいるんですよ。迷惑行為」と、その具体的なエピソードを明かしつつ、「(そういう人には)ボイスチャットをオンにして『なんすか?』って言うと大人しくなるんですね、だいたいそういう人」と、あえて放置せずに文句を言いにいくスタンスを取っているとのこと。

「どんなゲームにも一定数は嫌がらせをしてくるプレイヤーはいるものです。オードリーの若林正恭も昨年2月に放送されたラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、バトルロイヤルを題材にした人気オンラインゲーム『Apex Legends』を始めるも、意地悪な仲間にハメられたエピソードを披露しています。その詳細については『(チームで)建物の中に入ったんだけど、仲間の2人が先に出てたの。俺は残って武器を探してたら、出口の扉の前に2人がドラム缶を置いて、外に出れなくなって2人は走っていった。その後敵がドラム缶をどかして建物に入ってきてめちゃくちゃ撃たれて死んだ』と説明。なんでも、若林はこの出来事で小学校時代に絵画教室に閉じ込められたイジメ体験を思い出し、寂しくなってしまったそうで結果、ゲームを引退してしまったそうです。

 あの松坂桃李も8月放送のラジオ番組『松坂桃李のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で同ゲームにハマっていることを明かしつつ、高圧的なプレイヤーとパーティを組むことになり、ボイスチャットで暴言を吐かれまくり、凹んでしまったと話していましたね」(エンタメ誌ライター)

 今回の中村のエピソードに、ネット上には「迷惑行為した人は倫也さんの『なんすか?』っていうイケボ聞けたの羨ましい」「私も倫也にそんなこと言われたい」「倫也さんに怒ってもらえるなら私も迷惑行為したくなっちゃうかも」と、迷惑行為をしたユーザーを羨ましがるコメントも。

 ぜひとも、良心を持ったプレイヤーが増えてほしいものだ。

(権田力也)

関連リンク

  • 10/1 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます