【The LDH Times】EXILE TETSUYA「この名前に恥じたくない」矜持示した

拡大画像を見る

 EXILEが今月27日でデビュー丸20年を迎えた。2009年にパフォーマーとして加入したEXILE TETSUYA(40)が、ファンに支えられ続けた歩みを名曲「Someday」に思いを重ねつつ総括。自身にとっては、不惑という人生の節目でもある。10年後の姿を想像しながら、「絶対、この名前に恥じたくない」と、モンスターグループのメンバーとしての矜持を示した。

  ◇  ◇

 -EXILE20周年を迎えて率直に感じていることは。

 「僕ら、今フロントで立ってるメンバーは、20年全てEXILEとして活動してきたわけではなく、途中からレールに乗らせていただいた身なので、すごく不思議な気持ちではありますね。EXILEという名前、存在そのものが何なのかと、改めて考える時期にはなりました。HIROさん筆頭に先輩たちが作り上げ、僕らがバトンを受け取って責任感も重いんですけど、ファンの人が応援してくれての20年はすごい期間だと思います」

 -加入からは12年。EXILEの活動で転機となったのは。

 「活動の方向性、パフォーマンスする意味を改めてグループとして考えたのは、東日本大震災の時。もう一度、僕らは音楽で日本を元気にするんだということで、方向性がそっちに傾いたのがすごく印象的で。社会貢献活動だったり、被災地に行ったりとか。悲しい出来事でしたが、自分の人生においては地に足をつけることになりました」

 -今年もコロナ禍からの復活を目指す「RISING SUN TO THE WORLD」がテーマ。

 「僕らは本当に平和産業なんだと改めて思い知らされました。あの時は東日本という地域で起こったことで、だから元気な僕らに何ができるかという方向性でしたが、全世界で同じことになってしまうと、こんなにも無力かと。ツアーを開催してもコロナ禍で思うようにはいかなかったですけど、ファンの人たちのマナーには泣けました。僕らがやってきた活動が間違いじゃなかったと、自信になりました」

 -EXILEの曲で思い入れが強いのは。

 「僕らが加入して最初の曲『Someday』ですね。『あれから、数え切れないほど、夢をかなえてきたけど~』って口ずさみながら踊ってましたが、EXILEになったばかりで、まだ全然夢をかなえてないよって状態で。何年も『まだ違う』という感覚で踊ってきましたが、12年たってこの曲が自分にフィットしたような感じがしました。やっとEXILEになれたのかな。背中を押し続けてくれた1曲だと感じてます。ようやく自信を持って、『君を思ってるよ』とダンスで表現できます(笑)」

 -EXILEの今後の形は。

 「EXILEの今までの変化と進化というのは、第何章と区切りをつけたこともありましたが、時代も変われば進化の仕方も変わると思います。自分としてはEXILEのパフォーマーとして、できればずっとステージに上がっていたい。EXILEというものがどう見えるのか、不思議と客観視できるんです、メンバーみんなが。その時のベストな状態をみんなが模索していて、もし新陳代謝が必要になったら、それは起こりえること。でも、ファンの皆さんが残念がるような形にはならないと思います」

 -学長を務めるEXPG高等学院は開校から1年半。手応えは。

 「だいぶイケてる学校になってきたなという気が、正直してますね。高校3年間という限られた時間を、どういう風に彩る手助けをするべきか、教育と大きく言うとおこがましいですが、僕らが経験したことを伝えられるためのカリキュラムを作って。普通に『先生』と言われたときは、キュンとしました(笑)」

 -40歳の節目でもありますが、個人的な目標は。

 「多分、40代が一番アグレッシブだと思います。EXILEのステージに立って、社会人や学長としても、(プロデュースする)AMAZING COFFEEも、全てにおいてアグレッシブに攻める10年になると思います。アグレッシブに攻めれば攻めるほど、ファンの方が喜んでくれるようなものになるだろうし、『やっぱりEXILEってすごいね』と思ってもらえることが、EXILEへの還元。絶対、この名前に恥じたくないと思ってます」

関連リンク

  • 10/1 10:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます