浜辺美波『シン・仮面ライダー』への「異常な情熱」が伝わる意味深ワード「心の希望」の真意とは?

拡大画像を見る

 2023年3月公開の庵野秀明監督(61)による映画『シン・仮面ライダー』の主演を池松壮亮(31)、ヒロインを浜辺美波(21)が演じることが、9月30日に国立新美術館(東京都港区)で行われた「『シン・仮面ライダー対庵野秀明展』合同記者会見」で発表された。

 池松は1971年に藤岡弘、(75/当時25)が演じたことで知られる“本郷猛/仮面ライダー”を、浜辺は、脳改造直前に本郷を脱走させ暗殺された緑川博士の娘の“緑川ルリ子”を演じる。

「仮面ライダーのスーツを着用した本郷猛と、赤のロングコートに袖を通した緑川ルリ子のビジュアルが正式に公開されましたが、どちらも実によく似合っています。

 今回の会見で池松はアクション練習の際に靭帯を痛めてしまったらしく、右足にギプスを装着し、松葉杖をついての登壇となりました。幸い撮影に支障はないということですが、“本郷猛”を演じるにあたって右足のケガは、不吉どころか“特撮の神様に祝福されてるな!”と思えます」(特撮ライター=以下同)

 かつて本郷猛を演じた藤岡は、第9・10話の撮影中にバイク事故で瀕死の重傷を負ってしまったのは有名な話。藤岡にとっては第1話を病院のベッドで視聴する苦い思い出となってしまったが、急場しのぎで登場した“一文字隼人/仮面ライダー2号”が大人気となり、現在までシリーズが続くキッカケとなったのだ。

「本郷は改造人間なので、池松も『“主人公が改造手術に失敗したけど撮影には支障ない”と書いていただければ』としていました(笑)。一方の浜辺は大の仮面ライダー好きで知られていて、今回のあいさつも心に仮面ライダーが刷り込まれているのが伝わってきました」

■浜辺は仮面ライダーの大ファン

 浜辺は今回の出演について、

「私自身、仮面ライダーという存在が小さいころからすごく大好きで。とてもヒーローのように、心の希望の存在だったので……」

 と話していたが、「心の希望の存在」というフレーズにニヤリとしたファンは多い。

「19年に『浜辺美波 真夜中のシンデレラ』(ニッポン放送)で1番好きな仮面ライダーについて、“『仮面ライダーウィザード』という、魔法使いとライダーが融合した作品”と答えているんですが、『ウィザード』は敵がターゲットの心の支えを破壊して絶望させようとするのを、“俺が最後の希望だ”という決めセリフで救うんです。

 “心の希望の存在”という言い回しは、あきらかにそれを意識したものでしょう。

 ちなみにウィザード終盤の“仮面ライダーと怪人の違いは何か?”という問答は、1号から続くすべての仮面ライダーシリーズに通じる名セリフとして知られているほか、最終回では改めて“仮面ライダーという存在”を掘り下げる特別編が放送され、いずれも大好評でした」

■忘れられない3本も『仮面ライダー』

 浜辺の仮面ライダー好きはかなりのもので、18年にWEBメディア『映画ナタリー』の3周年記念にちなんだ企画「忘れられない3本 映画と私の3年間」でも、17年公開の『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』を挙げているほど。

 同作に“パラド/仮面ライダーパラドクス”で出演している甲斐翔真(23)と18年に『LINE MUSIC』のCMでと共演した際は、面と向かって「オーズのシーンとパラドのシーンで号泣しました」と、メイキングで話す姿も見せた。

「浜辺といえば、その圧倒的なビジュアルと演技力で圧倒的な人気を誇っています。今回の『シン・仮面ライダー』の起用についても、庵野監督がヒロインをどうするか迷っていた時、会社に貼ってあった東宝のカレンダーを見て、“この子、いいや!と。だからカレンダーで決めました”という経緯だったほか、“その後『賭ケグルイ』という主演なさっている映画を観て、すごくよかった。自分の勘は正しかったな”と話しています。

 浜辺は最近、好感度がガタ落ちした出来事があったので、この映画で盛り返せるといいですね」

■熱愛報道を吹き飛ばす演技に期待

 浜辺はこれまで「彼氏がいたことはない」と明言していたが、男女ポップデュオ「まるりとりゅうが」のRyuga(24)との交際を、9月22日発売の『週刊文春』(文藝春秋)がスクープ。しかも1万9800円の完全受注生産写真集『浜辺美波写真集 20(ニジュウ)』がキャンセル不可能のタイミングでの報道だったため、ダブルショックを受けたファンも少なくなかった。

「双方の事務所は『週刊文春』の問い合わせに対して、親しい友人の1人ではあるが、交際の事実はないと熱愛を否定しているものの、愛犬の“ぽぷちゃん”の世話をしながら、お互いのマンションを行き来する仲だということは認めています。こうした経緯があるだけに、今回の『シン・仮面ライダー』で熱愛疑惑を吹っ飛ばす活躍をしてほしいものです」

 ちなみに9月30日に新聞各紙が「仮面ライダーのコスプレをする若き日の庵野監督」の写真を掲載しているが、これについて庵野監督は、

「今朝の新聞で東映さんがやらかしてくれましたけど――あの掲載内容だと、僕が50年前の『仮面ライダー』を“独占”しているといいますか……“僕が考えた『仮面ライダー』を作る”というような印象を与えかねない。そのことに怒っちゃったんですが、そうではないんです」

 とコメント。

「“僕が見たいもの”ではなくて、観客の皆さんが『面白い』「これはいい!』と思ってもらえるような作品にしていきたいんです。僕と同年代の人にも『こういう仮面ライダーもいいな』と思ってもらえるようなもの。僕よりも少しだけ下の世代、平成ライダーから見始めた世代、令和ライダーから触れた世代――50年もやっているシリーズなので、色々な『仮面ライダー』を好きな人がいっぱいいます。可能な限り、そういう人たちに楽しんでもらいたい。なおかつ、今“日朝”で放送されている『仮面ライダー』とは異なる新しいラインを作れないかなと思っています。『僕だけが楽しめる作品』にはしたくないんです。お客さん、スタッフ、キャスト、そしてお金を出している製作委員会の人たちも含めて『やってよかった』と感じてもらいたい。それがあったうえで、僕自身が『面白かったな』と感じることができるのだと思います」

 と語っている。

 庵野監督の熱量の高さは相変わらず。浜辺や池松にも負けじと頑張り、新たな「仮面ライダー」を作っていただきたいーー。

関連リンク

  • 10/1 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます