【名前診断】名前が「な行」から始まる人の「苦手な人の特徴」とは

名前が「な行」から始まる人の「苦手な人の特徴」を4つご紹介していきます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

だらしない人


な行の人は美的センスに優れていて美意識も高いので、オシャレな人が多いタイプだといえるでしょう。
そのため、だらしない人は苦手な傾向にあります。

とくに恋愛においては、相手に清潔感やセンスがあるかどうかが重要で、性格や価値観など内面と同じくらいに気にしてしまうこともあるでしょう。
自分のことだけでなく人間関係にもだらしない人には、苦手を通り越して軽蔑してしまうこともあるかもしれません。

こだわりがない人


独自の価値観や信念をもっている人が多いな行の人は、こだわりも強めです。
デートに行く場所や食事をする店なども徹底的にリサーチし、厳選したいほうだといえるでしょう。

恋愛ではとくに、相手がこだわりのない人だと合わないと思ってしまうことも。
友人同士や仕事仲間であっても、あまりにもこだわりや自分の意見がない人だと、「苦手な人」認定をしてしまうかもしれません。

生真面目すぎる人


な行の人の性格の特徴として、枠にとらわれない自由な一面があります。
自分勝手で自由奔放とまではいきませんが、何事も比較的柔軟に考えたり行動を起こしたりできる傾向があるでしょう。

そのため、ルールにがちがちに縛られたような生真面目すぎる人には、少し苦手意識を感じるかもしれません。
変化に対応できず、頑固ともいえるほどに固定概念にとらわれている人とは、とくに仕事などで一緒に働く場合だとやりづらいと思ってしまいそうです。

群れる人


趣味やプライベートの時間を大切にする傾向のあるな行の人は、一人の時間を非常に大切にするタイプだといえます。

オンオフの切り替えがうまく、一人で過ごす時間も充実したものにできるので、いつも誰かと一緒にいないと落ちつかないような、すぐに群れる人とは合わないかもしれません。

恋愛でもお互いの友人を交えて大勢でワイワイ過ごすよりも、二人で過ごす時間を大事にしたい派が多いといえますので、相手が群れる人だとすれ違いが生じる可能性もあるでしょう。


思いあたるところはあったでしょうか。
ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。
(恋愛jp編集部)


画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/1 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます