坂上忍、年末に“1年分のギャラ”をギャンブルにぶっこんでいた「独特理由」

拡大画像を見る

 俳優の坂上忍が、9月25日放送の「おかべろ」(関西テレビ)に出演し、仰天のギャンブル歴について語った。

芸能界きってのボートレース好きとして知られる坂上。街頭インタビューで出た「本当に1年分のギャラを全部ギャンブルに使っているの?」との質問に、「20年ぐらいは年末、大みそか、ほんとに全額いってました」と毎年、ボートレースに全財産をつぎ込んでいたことを明かした。

 MCのノンスタイル石田明から「なんで全額いくんですか?」と問われ、「僕、そもそもだらしないというか、引き受けた以上、お仕事はちゃんとやらなきゃというのはあるんですけど、もともとそんなに勤労意欲がある方でもない」としたうえで、「2つの気持ちがあって、年末に全額いって、勝ったら働かないで済むという欲と、スったらお金がないんだから働かざるをえない。たぶん両方の思いがあって、身ぎれいにしたくなっていた気がする」と説明。実際、勝って仕事を1年休んだこともあると話した。

 石田が「マックスで1日どれぐらい負けた?」と聞くと、「およそ6000万円です」ときっぱり。ナインティナインの岡村隆史が「その6000万あったら…って、我々は思っちゃいますけどね」と言うと、坂上は「僕だって思ってますよ!」と笑い、「1レース、1レースやっていくごとに崩壊していく。その精神状態っていうのは、心拍数を測ればもう死ぬんだろうなっていうぐらいの感じになってると思います。その感覚、体が覚えちゃってる」と、ギャンブルに魅せられる理由を語った。

 ただし、現在は年末に全額つっこまなくなっており、「動物をお世話する施設(保護センタ ー)を作っているので。施設にドーンとつっこんで、残ったのを年末にボートにつっこんで。だからほんとに金ないんですよ」と明かし、スタジオを笑わせていた。

 動物保護とギャンブル…。どちらも坂上にとっては重要なものなのだろう。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 10/1 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます