魚住りえ 雑談で気をつけることは「踏み込んだ質問はしない」

拡大画像を見る

テリー これまで大勢の方に話し方やスピーチの方法を教えてきて、皆さんどういう悩みが多いんですか。

魚住 やっぱり「緊張してしまう」とか「日常会話での雑談が難しい」とかですね。

テリー えっ、雑談?

魚住 と思われますでしょう。でも一般の方は、例えばエレベーターで顔見知りの人に会っちゃった時、「何を話したらいいんだろう」って思うんですよ。「お疲れ様です」って言った後、ずっと黙って階の数字だけ見てるみたいな。

テリー あぁ、それは僕も同じだなぁ。どうすればいいんですか。

魚住 結局、そういう時にちょっと話せる話題って、やっぱりお天気なんですよね。「寒くなってきましたね」とか、「雨降って嫌ですね。靴濡れちゃいますよね」とか。そこから「今日はタクシーで帰っちゃおうかな」とか、独り言っぽく話を展開してもいいですよね。

テリー 相手が「タクシーで帰れるなんてうらやましい」とか、話に乗ってきてくれれば、エレベーターの時間ぐらいなら十分つなげますよね。

魚住 そうですね。「お疲れ様です」のひと言で終わって気まずい思いをするより、ずっといいと思います。

テリー 雑談で気をつけることって何ですか。

魚住 踏み込んだ質問はしないことですね。「今、それ聞く?」みたいな。

テリー 僕はけっこうスケベなんで、「どこに住んでるの」とか、すぐ聞いちゃうんですけどね。「LINE教えて」とか。

魚住 アハハハ。もちろん、その人のキャラクターにもよると思いますけど、急にプライベートなことを聞いたりするのはダメですよね。

テリー そうか、気をつけないとな。あとね、最近はマスクをしてるから表情を伝えられなかったり、声がこもったりして、簡単に言うと不機嫌に見えがちじゃないですか。

魚住 オンラインでの打ち合わせの時もそうですよね。画面の向こうにいる上にマスクをしてることもあるので。

テリー 特に、50代60代はオンラインに慣れてないですからね。

魚住 マスクをしていると、どうしても視線が目に集中するんですね。ですから、まず目尻を下げていただきたいです。ニコッと笑っていただくだけで印象が良くなりますし、相手への威圧感もなくなります。

テリー ただ、中年男性はニコッと笑うのが苦手な人が多いですよね。どっちかというとムスッとしていて。

魚住 ニコッと笑うには、まず口角を上げることですね。そうすると目尻が下がるので、目の表情が優しくなります。特に最近は、マスク生活が長いので、油断してマスクの下の表情がダラーンと下がって、「への字口」になってる方が多いんですよ。

テリー あぁ、僕もなってるかも。

魚住 そうすると、ほうれい線も濃くなって、頬もだんだん垂れてきちゃうんです。特にお一人暮らしで誰ともしゃべらないと、どんどん暗い顔になっちゃいますよね。

テリー 口角を上げるって、訓練がいりますよね。

魚住 私も(口をア、オ、ア、オという形にして)こういうトレーニングはしてます。この本でも、レッスンの方法を動画で紹介してるんですけど。慣れれば全然難しくないと思いますよ。

関連リンク

  • 10/1 9:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます