「尿検査報道」片瀬那奈、所属事務所「電撃退所」のウラにあった2つの“ウソ”!“親友”沢尻エリカには復帰話も…!?

拡大画像を見る

 女優の片瀬那奈(39)が9月30日付で、これまで所属してきた芸能事務所を退所することが同社の公式サイトで発表された。

 サイトでは「この度、片瀬那奈は2021年9月30日をもちまして研音グループを離れ、新たなスタートをきることになりました」と報告。

 そして「つきましては9月30日をもちまして、片瀬那奈オフィシャルサイト(PC、モバイル共通)、公式SNSを終了させていただきます。何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」と説明している。

 関係者によると、双方で話し合いを重ねた結果、退所という結論に至ったという。今後、片瀬はフリーで活動する予定。

 片瀬は1998年に旭化成水着キャンペーンモデルとして芸能界デビューし、翌1999年に女性ファッション誌『JJ』(光文社)の専属モデルに。その後は女優としてさまざまなドラマや映画で活躍。9月14日に最終回を迎えたドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)にも出演していた。

「話し合いを重ねて退所に至ったといいますが、驚きの電撃発表ですよね。ただ、退所の最大の要因となったのは、7月に立て続けに報じられた“文春砲”でしょうね」(芸能プロ関係者)

 7月22日の『文春オンライン』では、片瀬の同棲相手でIT経営者のO氏が7月3日、麻薬取締法違反(コカイン所持)で逮捕されていたことをスクープ。

 O氏は逮捕された際、都内の宿泊施設でコカインを使用していたという。その後、薬物事犯を専門に扱う組織犯罪対策5課が、O氏と片瀬が同棲する都内の自宅に家宅捜索に入ったこと、片瀬も尿検査を受けたが、結果は陰性だったと記事では伝えていた。

「結果的に片瀬さんは陰性で身の潔白が証明されたわけです。なのに今回の電撃退所――。もちろん、文春砲だけが退所の理由ではないでしょう。ただ、退所に至ったのは片瀬さんに“2つのウソ”があったからでは、と言われていますね。1つは尿検査にまつわるウソです。

 事務所は当初、『文春』の問い合わせに対し、すでにO氏とは交際および同棲を解消していて、“片瀬が家宅捜索や尿検査を受けた事実はございません”と回答していた。ところが、それが間違いだったことが明らかになるんです」(前同)

■片瀬那奈の“ウソ”が所属事務所の信頼を揺るがす痛恨の出来事に

 第一報から5日後の7月27日の『文春オンライン』には続報が掲載され、事務所は「片瀬自身にあらためて確認したところ、気が動転し事実と異なる報告をしてしまったことを謝罪し、捜索、及び任意での尿検査を受けた事実を認めました」と回答。数日を経て、片瀬が家宅捜索と尿検査を受けていたことを事務所も認めたのだ。

「片瀬さんも一番最初は動揺したのかもしれませんが、事実と違うことを事務所に対して語った。そして、あらためて事務所サイドが彼女に問い質すと、“やっぱり検査は受けました。ですがシロでした”と認めたわけです。片瀬さんが所属していた事務所は唐沢寿明さん(58)をはじめ、天海祐希さん(54)、川口春奈さん(26)、杉咲花さん(23)といった一流俳優、女優を擁する業界の大手として知られています。

 そんな事務所の広報としては『文春オンライン』への最初の回答は、痛恨の出来事ですよね。恋愛関連の報道であればコメントを出さない、できない、というのは大きな問題にはなりませんが、片瀬さんの場合は違法薬物が絡む警察沙汰です。そこで正しくない回答をしていたというのは事務所の信頼にも関わりますからね……」(前出の芸能プロ関係者)

 今回のケースは事務所が「家宅捜索や尿検査を受けていない」と判断したわけではなく、片瀬に事情聴取を行ったうえでの発表だった。

「片瀬さんは結果的に事務所を騙したということになるわけです。彼女の言動によって、事務所の信頼も損なわれてしまいかねない。事務所としては看過できない事態でしょうし、ウソをつかれたのではタレントを守りようもない。

 片瀬さんの退所は、この一件が非常に大きく影響したのではないでしょうか。事務所としてはウソをつかれたらフォローしようがないですからね。そしてもう1つの“ウソ”は、盟友・沢尻エリカさん(35)との交流ですよね」(前同)

 2019年11月16日、沢尻は違法薬物を所持した疑いで逮捕され、世間に大きな衝撃が走った。翌17日、沢尻の親友として10代の頃から交流がある片瀬は当時MCを務めていた『シューイチ』(日本テレビ系)に生出演。

 沢尻の逮捕について「もう……悲しくて……もうショックで、何で?」と動揺した様子で切り出し、「これだけ近くにいて何も知らなかったというのは本当に悲しい。裏切られた気持ち」と、涙ながらに語った。

「本当に、片瀬さんは沢尻さんが違法薬物を使用していたことを知らなかったのかもしれません。ただ、芸能関係者、マスコミ関係者、視聴者も含めてほとんどの人が、片瀬さんの言葉を正面から受け止めてはいませんでしたよね」(ワイドショー関係者)

■片瀬那奈&沢尻エリカの周囲で薬物逮捕が相次ぎ……

 沢尻の逮捕を受け、YouTubeに沢尻と片瀬があるクラブイベントでダンスに興じる映像が投稿されていることがネットをにぎわせた。

 また、2019年11月26日には沢尻と共同して合成麻薬を所持したとして、元交際相手でファッションデザイナーのY氏が逮捕されたが、2018年11月の『FRIDAY』(講談社)には、沢尻とY氏、そして片瀬と今年7月に逮捕されたO氏がダブルデートを楽しむ姿が掲載された。

「ダブルデートをしていた4人のうちの3人が逮捕されているわけです。これだけの情報が明らかになったわけですから、客観的に見て片瀬さんの『シューイチ』での涙のコメントに“そんなわけないだろ”という声が上がるのはやむをえないかもしれませんね。沢尻さん関連で“片瀬はウソをついている”と思われても仕方がなかったわけです」(前出のワイドショー関係者)

“友達”片瀬に大きな動きがあった中、9月30日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、かつて沢尻の出世映画『パッチギ!』でメガホンをとった井筒和幸監督(65)が、彼女の女優復帰を後押ししていると報じている。

「一方の片瀬さんは今年3月をもって『シューイチ』を卒業しています。片瀬さん本人は尿検査の結果、陰性でしたし、沢尻さんの違法薬物使用を本当に何も知らなかったのかもしれません。それを周囲も信じるしかなかった。『シューイチ』を放送する日本テレビとしても同様だったでしょう。

 ただ、同番組でMCを務めるのは、業界最大手の事務所に所属する中山秀征さん(54)とジャニーズ事務所に所属するKAT-TUNの中丸雄一さん(38)です。万が一、片瀬さんに何かあれば番組は終了してしまう。

 そうなった場合、中山さんや中丸さんが所属する有力事務所や、そことつき合いの深い日本テレビへの大ダメージも必至。3月で片瀬さんが番組卒業となったのは、日本テレビサイドにそういった懸念があったからではないでしょうか」(前同)

 前出の芸能プロ関係者が話す。

「今回、片瀬さんが退所に至ったのは『シューイチ』を降板したことも大きいでしょうね。片瀬さんは、女優としては今後、バイプレーヤーとしての活躍は期待できるでしょうが、現状、映画やドラマで主演をバンバン張れるような女優ではありません。加えて『シューイチ』というレギュラー番組も失ってしまった。

 ドライな言い方になってしまいますが、売り上げ面なども考えると“彼女を守る必要がなくなってしまった”わけです。そんな中で文春砲が炸裂してしまった。

 それがダメ押しとなって、事務所サイドも片瀬を守れないとなったのではと。かつ、信頼関係が崩壊するような“ウソ”もあり、“一緒にやっていけない”ということで、今回の退所という結論に至ったのではないでしょうか」

 片瀬にはスタッフが運営する公式ツイッターアカウントがあったものの、更新は『文春オンライン』がパートナーの逮捕を報じた7月22日の前日、21日で止まっていた。そして、10月1日にはそのツイッターアカウント、彼女のインスタグラムも削除されていた――。

 今回、フリーになった片瀬だが、今後の芸能活動はどうなっていくのだろうか……。

関連リンク

  • 10/1 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます