筧美和子・飯島寛騎・YouTuberゆんら、高田夏帆&A.B.C-Z戸塚祥太W主演「凛子さんはシてみたい」出演決定

【モデルプレス=2021/10/01】女優の高田夏帆とA.B.C-Z戸塚祥太がW主演を務める10月19日スタートのMBS/TBSドラマイズム新ドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBSにて10月19日24時59分から、TBSにて同日25時28分から放送開始)に筧美和子、飯島寛騎、ゆん(ヴァンゆん)らが出演することが決定した。

◆高田夏帆&戸塚祥太W主演「凛子さんはシてみたい」

先日実写ドラマ化を発表した、人気コミック「凛子さんはシてみたい」。月間利用者数2800万人の電子コミック配信サービス「めちゃコミック」でランキング1位を獲得し、累計1100万ダウンロードを突破した本作を彩る、レギュラーキャストがついに解禁となった。主人公は、地位・名誉・憧れ・羨望のすべてを得た誰もが認める“いい女”・雨樹凛子(高田)と凛子の同期で容姿端麗なパーフェクト男子・上坂弦(戸塚)。

実はこの2人、お互いに性体験がない、「処女×童貞」というコンプレックスを持っていた。弦が隠れ童貞であることを知った凛子は、ド直球にラブホテルに誘い、“脱・未体験パートナー協定”を結ぶことに。そしてお互いにいつか好きな人と結ばれるための練習を始め、不器用なりにもハジメテを知っていき…?こじらせオトナの純愛ラブストーリーに、この秋“うぶキュン”をお届けする。

◆筧美和子・飯島寛騎・ゆんら、出演者決定

恋にまつわるときめき、甘美な幸せ、戸惑い、悲しみ、嫉妬、触れ合う喜び…。初めての恋のディティールを丹念に描いた本作。オトナの「はじめて」をぎゅぎゅっと詰め込んだ、“うぶキュン”ラブストーリーを紡ぐ追加キャストが堂々の解禁。弦の中高時代の同級生で、初恋相手でもある飯野志保役には、11月公開の映画「幕が下りたら会いましょう」や現在公開中の映画「孤狼の血 LEVEL2」にも出演するなど、活躍中の女優・筧が決定。あることがきっかけで偶然弦と再会を果たし…、凛子×弦の関係にも大きな影響が。中盤から加速していく、むずがゆい展開に注目だ。

弦と小中高の同級生で、バーで店長をしている久地直役には、「仮面ライダーエグゼイド」で主演を務め、ドラマ「悪魔とラブソング」や映画「未来へのカタチ」など多くの話題作に出演する、注目の若手俳優・飯島が決定。凛子の幼馴染で、処女だという秘密を唯一知っている親友・木場園子役には、YouTuberとして227万人以上の登録者数を誇り、本作が地上波ドラマ初レギュラー出演となる、ゆん(ヴァンゆん)が決定。

凛子と弦が働く結婚式場で映像クリエイターをしている、大人の色気溢れる色っぽ映像作家・緋山余一役には、ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」や「高嶺のハナさん」など話題作に出演し、ドラマ・映画「ポルノグラファー」シリーズでは主演を務めた、実力派俳優の猪塚健太が決定。大人の余裕と色気に、完璧女子の凛子も振り回されまくる?そして、凛子の後輩・住谷亜希役には牧野莉佳、同じく凛子の後輩・坂崎舞香役には林ゆめ、弦の後輩・森皓太役には京典和玖が決定した。

結婚式場を舞台に結婚、仕事、恋愛という様々な局面の岐路に立つ男女を描きながら、現代人の幸せを模索する、新感覚な“オトナのうぶキュン”ラブストーリーに注目が集まる。(modelpress編集部)

◆キャスト紹介

<飯野志保(いいの・しほ)役・筧美和子>

27歳。弦の中高時代の同級生で、弦の初恋相手。旦那は大学病院に勤めており、タワマン生活を送っていて、一見幸せそうに見えるが…。

<久地直(くじ・なお)役・飯島寛騎>

27歳。バーで雇われ店長をしている。弦とは小中高の同級生で、何でも相談できる仲。おしゃべりで、ウワサ好き。

<木場園子(きば・そのこ)役・ゆん(ヴァンゆん)>

27歳。凛子の幼馴染で唯一凛子が処女であることを打ち明けている友人。凛子とは違って恋に積極的で合コンなどによく参加している。

<住谷亜希(すみたに・あき)役・牧野莉佳>

凛子の後輩。

<坂崎舞香(さかざき・まいか)役・林ゆめ> 

凛子の後輩。

<森皓太(もり・こうた)役・京典和玖>

弦の後輩。

<緋山余一(ひやま・よいち)役・猪塚健太>

35歳。映像クリエイター。大人の余裕と色気を兼ね備え、式場で働く女子達から熱い支持を得ている。凛子もひそかに気になっていている。

◆筧美和子コメント

凛子さんと上坂くん、ちょっと変わった関係だけど、着実に変わっていく二人の姿に読んでいてとてもとても胸が高鳴りました(笑)。私演じる志保は誰からも好かれ、完全無欠のような人で、そんな志保を演じるのはプレッシャーでもありますが、ただただ無敵な人生を送ってきた人には思えないところもあります。そんなところを楽しみながら深めていきたいと思っています。是非楽しみにしていてください。

◆飯島寛騎コメント

「うぶキュン」を傍から見守っているバーの店長、久地直役の飯島寛騎です。藤田先生の原作の世界観、そして監督キャストの空気感を大切に、素敵な空間での撮影をしています。そして、バーの店長らしくその空間とお酒を作りながらお待ちしておりますので、是非ご来店頂けたらなと思っております!

◆ゆんコメント

改めまして、“木場園子”役を演じさせて頂くYouTuberのゆんと申します。「演技のお仕事をしてみたい!」とたくさん色んなところで5〜6年言い続けてきたので今回お話を頂けた時、泣きそうなくらいとっても嬉しかったです。その日すぐに漫画を全巻本屋さんはしごして買いこんで気づいたら一気読みしていました。

園子さんのキャラクターを把握し台本とも見比べて、相違がないように毎日鏡の前で表情とセリフの気持ちの込め方を練習していたら、相方にこっそり動画を撮られていたので恥ずかしかったですが、それだけ長年の夢に誠心誠意向き合ってるという事だと思うので、今度SNSに
載せようと思います。漫画の原作作品、連続ドラマ。初めてだらけで至らない部分もあると思いますが、そんな私に現場の皆さんが優しく教えてくださるおかげで、毎日お勉強させてもらってて毎秒刺激を受けているので、本当に楽しくて幸せです。

まさに、大人の純愛。"うぶキュン"が原作から滲み出ているのでしっかり伝えれるように心を込めて演じます。ドラマ版「凛子さんはシてみたい」1人でも多くの方に観てもらって"うぶキュン"を感じてもらえますように。

◆猪塚健太コメント

緋山余一役の猪塚健太です。出演が決まり原作を読ませていただきましたが、まさに大人のうぶキュン!凛子さんと上坂くんのうぶな恋愛模様を読み進めると、同時に自身の甘酸っぱい経験の記憶が一気によみがえり、もう、うぶキュンしてしまいました!緋山として、上坂くんと良き恋敵になれるよう、大人の魅力を出していければと思います。是非楽しんでください!

◆高田夏帆&戸塚祥太W主演「凛子さんはシてみたい」あらすじ

27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れ、羨望のすべてを得た、誰もが認める“いい女”・雨樹凛子(高田夏帆)。完璧に見える彼女だが、密かにコンプレックスを抱えていた。それは27歳にして未だ処女だということ。ひそかに気になっている、35歳・イケメン映像クリエイターの緋山余一(猪塚健太)には、こんなことバレたくない!

一刻も早く性体験というピースを手に入れるべく、親友の木場園子(ゆん)に合コンに連れて行ってもらうも、良い出会いなんて全く無く…。そして、偶然入ったバーで、同期の上坂弦(戸塚祥太)に会う。ウエディングアドバイザーとして契約数1位を誇る上坂は、容姿端麗で女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。しかし、小中高校が同級生だというバーテンダーの久地直(飯島寛騎)によって、上坂が童貞であることが明らかに。自分の求める三箇条にぴったりだとピンときた凛子は、自分が処女だということを隠し、上坂をラブホテルに誘い…?

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/1 7:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます