安住紳一郎アナ&香川照之タッグのTBS新番組『THE TIME,』、周到「SDGs戦略」と真逆の「恐怖政治」スタート!

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの夏目三久(37)がMCを務めてきた、朝の番組『あさチャン!』(TBS系)が9月30日に最終回を迎え、7年半の歴史に幕を下ろした。今年4月に有吉弘行(47)との結婚を発表した夏目は9月をもって芸能活動を終了させた。

 代わって、10月1日からは同局の安住紳一郎アナウンサー(48)がMCを務める新番組『THE TIME,』(月~金曜午前5時20分~8時)がスタートした。

 月曜から木曜のMCを安住アナが、金曜MCを俳優の香川照之(55)が務め、初回の1日は金曜日ということもあり、安住アナと香川がそろって番組に出演し、華々しいスタートを切った。

 番組開始に先駆けて9月29日、TBSは定例会見をオンラインで開催。同局の佐々木卓社長は「安住アナというエースアナと香川照之さんという大物の役者さん、多彩な方が生の情報番組をレギュラーで担当していただく。とても期待できる」と期待を寄せた。

「『THE TIME,』にはTBSのエース級のディレクター、記者が集められたといいます。それだけTBSは全社を挙げて同番組に注力している。TBS局内の至るところに同番組のポスターが貼られていますし、Yahoo!のトップページにも番組広告を打っていて、かなりお金をかけていることからも、TBSの入れ込みぶりがうかがえます。

『THE TIME,』のロゴにも、TBSが同番組にいかに勝負をかけているか、期待しているかが現れています。“THE TIME,”の後ろの8色の“輪っか”は明らかにSDGsを意識していますよね」(民放キー局ディレクター)

■『THE TIME,』の“SDGs意識”は新時代の広告戦略

 SDGs(エスディージーズ)とは「持続可能な開発目標」の英語での略称であり、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標を指す。

 SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成され、17の目標には「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「ジェンダー平等を実現しよう」といったものがある。

『THE TIME,』のロゴには、番組タイトルの文字にかかるように、上から黄色、淡いオレンジ色、オレンジ色、赤色、紫色、青色、水色、緑色の輪っかがかかっている。たしかに、SDGsのイメージを彷彿とさせる配色なのだ。

「今、テレビ業界でも特に重要視されているのがSDGsで、テレビ各局はSDGsを打ち出した特番やキャンペーンをたびたび展開しています。ただ、テレビ局がSDGsを意識しているのは、広告出稿にも大きく関係してくるから。テレビに広告を打つような大企業は、こぞってSDGsに取り組んでいます。

 そんな状況ですから、SDGsを啓蒙したり、SDGs関連の情報を取り扱う番組に企業は広告を出稿したがるんです。しかも高い広告費がつくといいます。『THE TIME,』はそのあたりのことも踏まえてロゴデザインにも反映したんでしょうね」(前出の民放キー局ディレクター)

『THE TIME,』は新時代にフィットした最先端の広告戦略を実践しているとも言えそうだ。

「スーパーエースの安住アナと老若男女に愛される実力派の超売れっ子俳優・香川さんのタッグが話題になっていますが、番組作りも新時代の到来を意識したものになっているはずです。出演者、番組内容もかなり充実したものになりそうです」(前同)

■“完璧主義”な安住アナに現場スタッフは……

『THE TIME,』に期待が集まる中、TBS局員の一部からは番組に対して「不安だ……」という声も聞こえてくるという。

 制作会社関係者は話す。

「安住アナは相当気難しい人で、現在担当中の番組などでも、一部の信頼のおける局員、スタッフとしか会話をしないといいます。また、最近はそんなことはないでしょうが、少し前までは番組ADを怒鳴ったりすることもあったようです。

 安住アナは完璧主義者として知られ、本番前に段取りをしっかりやるような番組作りを目指している。ある意味、ディレクター的視点も持ち合わせているアナウンサーなんです。だからこそ、ここまで出世できたとも言える。

 ただ、そういったことができていないスタッフには注意をしたり、激怒することもあった。そのため、安住アナに対して“とっつきにくい”と感じる関係者も少なくないんです」

 10月から『THE TIME,』を担当することが決まった一部のスタッフからは「嫌だな」「しんどいな」「安住アナとは一緒にやりたくない」「番組に行きたくない」といった声も漏れたという。

「『THE TIME,』については、安住アナが出役としてだけではなく、番組内容にも深く関わってくるという報道もありました。ただ、彼の完璧主義な性格にプレッシャーを感じているスタッフも少なくないようですよ」(前同)

■安住アナの“恐怖政治”は改善された?

 SDGsの17の目標の8番目には「働きがいも経済成長も」が定められている。

 これは、すべての人のための継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進するという内容だ。

「この中には、業務におけるハラスメントを根絶させるという考え方も含まれている。過去の安住アナの言動がパワハラだというのは言い過ぎでしょうが、それが原因で現在でも彼にビビっているスタッフは多数いる。

『THE TIME,』はSDGsを掲げた番組になるのでしょうが、一部のスタッフにとっては大きな不安を抱えたままの船出ということになりそうです」(前出の制作会社関係者)

 ついにスタートしたTBSが勝負をかける『THE TIME,』――番組は安住アナの指揮のもと、同時間帯の『めざましテレビ』(フジテレビ系)や『ZIP!』(日本テレビ系)、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)を圧倒するのだろうか!?

関連リンク

  • 10/1 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます