Aぇ! group正門良規、相葉雅紀と初共演で“上司役”に 「和田家の男たち」出演決定

【モデルプレス=2021/10/01】Aぇ! group/関西ジャニーズJr.の正門良規が、10月22日スタートの嵐・相葉雅紀が主演を務めるテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『和田家の男たち』(毎週金曜よる11時15分~ ※一部地域で放送時間が異なる)に出演することが決定した。

◆正門良規、大先輩・相葉雅紀と初共演で“上司役”に

息子は「ネットニュースの新人記者」、父は「テレビ局報道マン」、祖父は「新聞記者」――3世代がそれぞれ異なったメディアに携わっている“マスコミ一家”の「和田家」を舞台に、男だらけの家族が織り成す異色のホームドラマとなる今作。

相葉演じる主人公・和田優をネットニュース『バズとぴ』のライターとして誘う、編集部員の三ツ村翔星役に決まった正門。NHK連続テレビ小説『スカーレット』などのドラマや数々の舞台出演を経て、今年5月、6月には『染、色』で舞台初主演を果たし、役者として大きな成長を見せた。

このたび、初の金曜ナイトドラマ枠出演で、事務所の大先輩である相葉と待望の初共演。しかも大学時代のゼミの後輩でありながら、『バズとぴ』編集部では“上司”にあたる役を演じることとなる。

これまでにそんなに交流がなかったという相葉と正門。今回、ほぼ「初めまして」という仲でありながら仕事上の先輩役を演じることには、「とてもびっくりした」と話す。「お芝居ではありますが、触れたりするときには、めっちゃ緊張しますね(笑)」と戸惑いながら芝居に挑む正門に、「いい感じに三ツ村のチャラさがでていて、ハマっていたよ!」と相葉が言葉を。現場でもフランクに話しかけてくれたり、緊張をほぐしてくれるそうで、「相葉くんの愛情にたっぷり触れています」と笑顔を見せた。

「いかに相葉くん演じる和田優を振り回せるかを楽しみたい」と意気込む正門と、「最後まで楽しくやっていきましょう!」と、頼もしい座長・相葉。2人が初共演となる今作で、優をネットニュースの世界に引き込む、三ツ村という重要な役柄を正門がどのように演じてくれるのか、ますます期待は高まるばかりだ。(modelpress編集部)

◆正門良規コメント

僕が演じる三ツ村翔星という役は、“パーティーピーポー”みたいな軽い感じですが、記事やビュー数には熱意がある、仕事に関しては一貫して軸のある人物です。たしかに衣装などは派手でアクセサリーなども付けて、どちらかというと自分とはかけ離れた人だなという印象なので、これから現場に入って模索しながら演じていくのが楽しみです。

相葉(雅紀)くんとはあまりお仕事でご一緒したことがなくて、コンサートのバックについたこともなかったんです。ほとんど初めましてのような感じだったのですが、「今いくつなの?」という他愛もない話やファッションの話などもしてくださって、楽しく優しく緊張をほぐしてくれました。

そんな相葉くんの仕事上の先輩役を演じるということで、びっくりしました。お芝居ではありますが、触れたりするときには、めっちゃ緊張しますね(笑)。でも合間にはとてもフランクに話しかけてくださるので、相葉くんの愛情にたっぷり触れています。最初は緊張しっぱなしでしたが、一日通して撮影してだいぶ落ち着いてきたので、今後はいかに相葉さん演じる和田優を振り回せるかを楽しみたいと思います!


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/1 6:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます