海老蔵 親心チラリ 自身の襲名披露公演延期より「せがれの方が気になって」

拡大画像を見る

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が30日、都内で行われた特別公演「アース&ヒューマン」(10月28日から高知弁天座など8都市9公演)の製作発表で、コロナ禍で延期された「十三代目市川團十郎白猿 襲名披露」公演について言及した。

 昨年5~7月に歌舞伎座で予定されていたが、仕切り直しについて「いつどこでやるべきなのかということに関して、松竹さんが、かなり慎重になさってらっしゃるんだと思う」と説明。「(自分は)ウエイティング状態。あくまで主権は松竹さんが握っている」とし、「(コロナ禍で)慎重にならざるを得ないということをご理解いただければ」と配慮を示した。

 自身の望む時期については「2020年の5、6、7月が一番理想的でしたね。今思えば、あの時できたなと思います」とポツリ。「自分のことはいい。10年後でも来年でも、30年後になっても気にしない」とも話し、八代目市川新之介を襲名予定だった長男・堀越勸玄(8)を「せがれの襲名の方が気になって。早い段階で新之介を継がせてあげたいという親心の方が強い」と思いやった。

 「アース-」は、地球の自然や文化を子供たちに引き継いでいくことがテーマ。海老蔵は「無関心でないことが重要だと思っています」と力説した。

関連リンク

  • 10/1 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます