相葉雅紀&櫻井翔の結婚後も「嵐の未来は1本の道」? 【神社ソムリエの「開運神社」(1)】

拡大画像を見る

 10月1日、朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)に、全国1万社以上の神社を巡ったことで話題の神社ソムリエ・佐々木優太(37)が出演。「最強の開運神社」を案内する。

「佐々木は全国津々浦々の神社、約1万社以上に実際に足を運んだ体験をもとにおすすめの神社を紹介する『神社ソムリエ』として活躍中です。過去にはその経験を生かして、著書『全国1万社を巡った僕が見つけた 開運!あやかり神社』(双葉社)も出版しています」(芸能関係者)

 今回は、そんな佐々木がかつて本サイトで、相葉雅紀(38)と櫻井翔(39)のW結婚で話題の嵐の5人が訪れたこともある「宮地嶽神社」を紹介した記事を振り返ってみたい。

嵐がそろって参拝した「宮地嶽神社」(2019年4月17日公開)

 福岡県福津市にある宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)は、2016年に放映された、嵐出演の日本航空CMのロケ地になったこの神社で、以来、嵐ファンの間では“聖地”にもなっている。

「真っすぐに伸びる参道のちょうど先に、海に沈む夕日が重なる“光の道”で有名な神社です。“光の道”は、夕日の沈む方角の関係で、年に2回しか見ることのできない貴重な絶景だそう。でも、たとえ“光の道”を見ることができない時期だとしても、海に向かって一直線に伸びる参道は、一見の価値がある素晴らしい景色だと思いますよ」(佐々木)

■黄金の屋根が「嵐の未来」を照らす?

 宮地嶽神社のもうひとつの見どころが、黄金に輝く屋根だ。

「全国に数多くある神社ですが、金色に光輝く屋根のある神社はめったにありません。僕の勝手な見解ですが、活動休止が発表されている嵐ですが、彼らの道は、宮地嶽神社にあやかって、これから先もバラバラになることなく一本の道となって真っすぐに続いていくのではないでしょうか。また、宮地嶽神社の黄金の屋根が参道を照らすように、彼ら5人の未来の道も、輝き続けるような気がしてなりません」(佐々木)

 また、宮地嶽神社を訪れた際にぜひ食べてほしい名物が「松ヶ枝餅」。これは嵐の5人がCMの中でも食べていた饅頭で、パリパリの皮にたっぷり入った餡子がなんとも食欲をそそる一品だ。

 貴重な絶景、黄金の屋根、嵐のメンバーも食べた饅頭が気になった方は、ぜひ宮地嶽神社を実際に訪れてみてはどうだろう? 

関連リンク

  • 10/1 6:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます