【凱旋門賞 枠順確定】日本から参戦するクロノジェネシスは14番ゲート、ディープボンドは5番ゲート、武豊騎手騎乗のブルームは7番ゲート

拡大画像を見る

 現地時間10月3日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳上牡牝・仏G1・芝2400m)の枠順が以下の通り、確定した。

 日本馬の悲願である凱旋門賞制覇を狙うクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)とディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)はそれぞれ14番ゲートと5番ゲートに決まった。

 また注目のA.オブライエン厩舎勢では、武豊騎手が騎乗するブルーム(牡5)が7番ゲート、今年の英愛オークス馬でディープインパクト産駒のスノーフォール(牝3)は9番ゲートになった。

※ゲート番順に記載
※ゼッケン番号、馬名(性齢、所属・厩舎、騎手)
08.モジョスター(牡3、英・R.ハノン、R.ライアン)
11.ハリケーンレーン(牡3、英・C.アップルビー、J.ドイル)
04.タルナワ(牝5、愛・D.ウェルド、C.スミヨン)
05.ラブ(牝4、愛・A.オブライエン、L.デットーリ)
02.ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志、M.バルザローナ)
14.バブルギフト(牡3、仏・M.デルザングル、G.モッセ)
03.ブルーム(牡5、愛・A.オブライエン、武豊)
13.アレンカー(牡3、英・W.ハガス、T.マーカンド)
15.スノーフォール(牝3、愛・A.オブライエン、R.ムーア)
12.シリウェイ(牡3、仏・C.ロッシ、F.ブロンデル)
10.アダイヤー(牡3、英・C.アップルビー、W.ビュイック)
01.トルカータータッソ(牡4、独・M.ヴァイス、R.ピーチュレク)
09.ベイビーライダー(牡3、仏・P.バリー、I.メンディザバル)
07.クロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史、O.マーフィー)
06.ラービアー(牝4、仏・JC.ルジェ、C.デムーロ)

関連リンク

  • 9/30 20:54
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます