黒柳徹子 櫻井&相葉の結婚を祝福「待っててくれる人がいるなんて素敵よ!」

拡大画像を見る

 女優・黒柳徹子(88)が30日、ジャニーズWEST・藤井流星(28)と共演する朗読劇「ハロルドとモード」(東京・EX THEATER ROPPONGI)の初日を迎えた。開演前に取材に応じ、28日に結婚を同時発表した嵐・櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)を祝福した。

 黒柳は、今年8月に死去したジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長と60年来の親友で、ジャニーズタレントと交流がある。櫻井&相葉とも親交があり、「どっちもお仕事一緒にしたり親しくしていて大好きなの。2人とも疲れてお家に帰ってきて、待っててくれる人がいるなんて素敵よ!。本当に良かった」と祝福した。

 藤井は、くしくも相葉と共演するフジテレビ系バラエティ「VS魂」(木曜、後7・00)の収録中にネットニュースで知ったと言い、「これってマジですよね?みたいになって。半信半疑で相葉ちゃんに『おめでとうございます』と言ったら『ありがとう』って言うから、ホンマなんや!って」と発表当日の様子を興奮気味に回想。「『櫻井&相葉、結婚』。一瞬どういうこと?ってなりました」と笑いながら明かした。

 今公演は、79歳の女性と19歳の少年が恋に落ちる物語。黒柳と藤井は、実際の年齢差と同じく60歳差の恋人役を演じている。稽古中にマスクをしていたため藤井の“素顔”をこの日初めて見たという黒柳は「わぁ、こんなにハンサムなんだ!とビックリ。所々で関西弁のアクセントが出てくるのも好き」とベタボレの様子。藤井も「徹子さんは常におキレイで、私服もとってもオシャレ」と笑顔で“恋人”を見つめていた。

関連リンク

  • 9/30 23:16
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます