菓子メーカーの青木松風庵が、パン専用の自家製粒餡を使った「あん食パン」を発売!


青木松風庵は、北海道十勝産小豆を使用し、小豆の風味豊かに炊き上げた自家製粒餡を、パン生地に巻き込んで、ふんわりとソフトに焼き上げた「あん食パン」を発売した。

人との接触を減らすことや、旅行や帰省などの自粛が求められる社会状況の中で、美味しさとの出会いだけは届け続けたいとの思いから販売に至ったという。

顧客からの要望で実現した商品


長年、同社の餡を使ったあんパンを食べてみたいと、顧客からもたくさんの声が届いていたとのこと。開発にあたっては何度も試行錯誤を重ね、やっと実現することができたそうだ。

パン専用の自家製粒餡を使用


餡は、食パン生地に合うよう配合を考え、職人が炊き上げたパン専用の自家製粒餡。通常の和菓子に比べ、パンに使う餡は焼成段階で水分が飛びやすい状態になる。そこで水分を飛びにくくするため、通常の和菓子用の餡よりも柔らかく炊き上げ、糖度を上げているという。

その分、甘さでくどくならないよう、使用する砂糖にも工夫。水分保持の観点からも、通常は水飴を使用するところを、餅米から作る高価な「米飴」を使用し、コクのあるしっとり瑞々しい粒餡を作り上げた。

パン生地と餡の比率についても何度も試作をした結果、納得のいく絶妙なバランスに仕上げることができたとのこと。

2日目まで柔らかく、ふわふわ感が続く

パン生地は、しっとり柔らかくふんわりとした食感。焼きたてのふんわり感は当日だけだと思われがちだが、この「あん食パン」は2日目まで柔らかくふわふわ。焼きたて当日はそのままで食べてほしいとのこと。アイスをのせたり、バターをのせてトースターで焼いたりと食べ方のアレンジも様々だ。

なお、はちみつを使用しているので、1歳未満の子どもには食べさせないよう注意を。

「あん食パン」300円(税込)は、青木松風庵の「阪南店(月化粧ファクトリー)」「秋葉山店」で購入可能だ。焼き上がり時間は販売店に問い合わせを。詳細は「青木松風庵」公式サイトより確認できる。

あまりの美味しさに、「1人で1個ぺろりと食べてしまう」と社内でも大人気だったという「あん食パン」を試してみて。

■青木松風庵 阪南店(月化粧ファクトリー)
住所:大阪府阪南市黒田453-15 鳥取中学校前

画像をもっと見る

  • 9/30 23:11
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます