「赤ちゃんのとき車に轢かれた」前世の記憶を語る男児 研究者ら「前世にトラウマがある子供は記憶している可能性が高い」(米)

拡大画像を見る

米テキサス州在住のアンナ・バナナさん(Anna Banana)が、昨年12月18日にTikTokに投稿した動画が話題となっている。そこにはアンナさんと3~4歳ほどとみられる息子との車の中での会話が収められているが、息子は自分の前世について語っているのだ。

この動画は220万回以上も視聴され7600件以上ものコメントが届き、最近になって『The Mirror』などが紹介したことによって、さらに多くの関心を集めている。動画には「彼は私の息子として生まれる前の前世で、『まだ赤ちゃんだった頃に車に轢かれた』と10分ほど話していました」と説明が添えられていた。

会話の途中から撮影されたと思われる動画の中で、アンナさんは息子に「あなたは以前も赤ちゃんだったの?」と訊ねると「そうそう、それでまた赤ちゃんになって生まれたの」と答えている。さらにアンナさんが「それで前の人生で(赤ちゃんの時に)車に轢かれちゃったんだ?」と語りかけていた。

動画の最後には、狐につままれたようなアンナさんの表情に「私、まだ大丈夫じゃないかも」と言葉が添えられた。にわかに信じがたいことだが、彼女が投稿した動画には同様の経験をしたという人たちからこのような声が届いている。

「私の息子が当時4歳の頃に、天国から私を見ていた時のことを覚えていると言ってました。そして天国には彼の姉と兄がいると話していたんですが、私は過去に2回流産しているんです。」

「私の娘は2歳上の兄に対して『私が前にあなたのママだった時のこと覚えてる?』と訊いていました。それに対して彼は『覚えてるよ』と答えたんです。」

「当時3歳だった娘が『別の家族は全員火事で死んだ』と話していて、その時の父親が『子猫を連れて家の外へ出ろ』とずっと叫んでいたと話してました。」

なお20年以上にわたって前世の記憶について研究している米バージニア大学の精神医学および神経行動科学の研究ユニット「UVA Division of Perceptual Studies」のジム・タッカー医学博士(Jim Tucker)によると、子供が前世の経験を語り始める年齢は平均3歳前後という。

またタッカー博士は「前世を語る子供の約75%がどのように亡くなったかを話し、そのうちの70%が殺人や自殺、事故などといった不自然な形で亡くなったケースが多い」と述べている。これらのことから前世で何らかのトラウマになるような経験がある場合に子供たちは前世の記憶を覚えている可能性が高いとのことだ。

ちなみに2年前にもダイアナ妃の生まれ変わりだと主張する4歳男児が話題となったが、その子は「プリンセスだった」と語り、前世では事故で亡くなったと主張して周りを驚かせていた。

画像は『Anna Banana 2020年12月18日付TikTok「This happens a lot」、2021年1月18日付TikTok「He’s my little bud」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 9/30 22:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます