『サンダーバード55』1.7公開 大河原邦男作画ポスター&メイキング解禁

 特撮人形劇『サンダーバード』の日本放送開始55周年を祝して公開される映画『サンダーバード55/GOGO』が、2022年1月7日より公開されることが決定。本ポスターとメイキング映像が解禁された。

 英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして特撮人形劇の最高傑作と名高い『サンダーバード』。テレビシリーズは1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送開始。劇場用長編版も2本製作されたほか、2004年には実写版リメイク、2015年には新たにCGアニメーションが制作された。

 日本放送開始55周年を祝して発足した「サンダーバード55周年プロジェクト」の目玉企画として公開される本作は、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版となる。編集は、『サンダーバード』の大ファンとして知られ、『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』の監督を務めた樋口真嗣が担当した。

 本ポスターは、『機動戦士ガンダム』のメカニックデザインを担当した大河原邦男によって特別に制作されたもの。当時のビジュアルに近いレトロで懐かしいタッチで、ペネロープ、スコット、バージル、ゴードンの姿が描かれている。

 ポスターを手掛けた大河原は「今まで50年近く多くのイラストを手掛けてきましたが殆どが自分のデザインしたメカ達でした。『サンダーバード』のメカニックは存じ上げていましたが、放映当時はアパレル産業に就くべく勉強していた時代で作品の内容に関しては余り詳しく知りません。サンダーバードファンの皆様からはメカの形状解釈が違っているとのご指摘が有るかもしれませんが全力で描かせて頂きました」とコメントを寄せている。

 メイキング映像は、スーパーマリオネーションと呼ばれる1960年代当時の撮影技術を駆使し、数々の迫力シーンを作り上げる様子を収めたもの。映像でスティーブン・ラリビエー監督は「『サンダーバード』は60年代に未来を見せてくれた。まだ誰も見たことのない世界をね。面白くならないはずがない」と作品の魅力を熱弁。制作については「人形や模型が大胆な編集にマッチして、迫力のある音楽によって壮大な作品になる」と語っている。

 また今回、新たにサンダーバード1号、2号、4号が描かれた3種類の特典付きムビチケの発売も決定(ロゴバージョンもメイジャー公式サイトで限定販売)。特典はサンダーバード2号のステンレスキーホルダー。10月1日より全国の劇場、メイジャー公式サイトにて販売される。

 映画『サンダーバード55/GOGO』は、2022年1月7日より劇場上映、1月8日よりデジタル配信開始。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 20:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます