庵野秀明、『シン・仮面ライダー』緑川ルリ子役の浜辺美波は「カレンダーで決めました」

 俳優の池松壮亮、浜辺美波、映画監督の庵野秀明が30日、都内で開催された「シン・仮面ライダー対庵野秀明展」合同記者会見・プレス内覧会に出席。庵野監督が脚本・監督を務める『シン・仮面ライダー』(2023年3月公開)で、池松が主人公・本郷猛を演じ、浜辺がヒロイン・緑川ルリ子を演じることが発表された。

 主演の池松は松葉杖をつきながら登場し「これから撮影なんですけど、アクション練習を詰めていたところ、昨日、一昨日ですかね? 靭帯の部分…?ちょっとよく僕もわかっていないんですけど、一週間取りあえず足を着くなということで」と負傷の経緯を説明。「『主人公が、改造手術にちょっとだけ失敗して、撮影には支障がないようだ』っていう風に書いていただければなと思います」と続けて、浜辺を笑わせた。

 また池松はオファーについて「驚きました」と振り返り「軽々しく引き受けられるものではないなと思いつつ、これだけ素晴らしい挑戦に、自分もなんとか参加して、力を出せたらなと思いました」とも語った。
 
 一方の浜辺は、小さい頃からシリーズのファンだとした上で「庵野さんが『原点』を描かれるということで、どういう物語になるんだろう? と。それにヒロインとして出演できることは、本当に驚きでしかありませんでしたし、今でも現場に入ることにとても緊張しています」と心境を明かした。

 庵野は2人の起用の理由を聞かれると「池松くんは、オーディションに来てくれて、すごくよかったんですよ」と振り返り、「池松くんがやるんだったら、違う本郷猛になってくれるんじゃないか」と語った。浜辺については「ヒロインどうしよう? と思っていた時にですね、会社に東宝のカレンダーを貼ってるんですよ。その時の月が、ちょうど浜辺さんだったので。『あ、この子、いいや!』と。だからカレンダーで決めました」とまさかの告白。これを聞いた浜辺は「発行している甲斐があります!」と白い歯を見せ「思っていないところで出会いがあるものだなと、感謝しかありません。良かった、8月で(笑)」と話していた。

 映画『シン・仮面ライダー』は2023年3月に公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 19:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます