園子温監督『エッシャー通りの赤いポスト』総勢57人をイラスト化したポスター完成

拡大画像を見る

 園子温が監督・脚本・編集・音楽を手がけた映画『エッシャー通りの赤いポスト』の公開が、今秋より変更となり、12月25日公開と決まった。併せて、映画ポスター史上最多の総勢57人がイラストで登場するポスタービジュアルが解禁された。

 園監督がワークショップに参加した役者たちと創り上げた本作は、カリスマ映画監督・小林正の新作映画のオーディションに参加した有名無名の役者たちそれぞれの物語が“赤いポスト”を起点に展開していくという作品。

 これまで一度もワークショップを行ったことがなかった園監督がワークショップを行うらしいといううわさは、役者の間に瞬く間に広がり、ワークショップの応募としては異例となる697人の志願者が殺到。すべての応募書類に園監督が目を通し、書類選考を通過した478人の役者の面接を実施、第一次演技面談で95人に、第二次演技面談で最終51人が選ばれた。その選抜51人と3日間にわたる濃密なワークショップを行い、その後、制作準備期間を経て、映画撮影が始まった。

 ポスターは、役者選抜51人が演じたキャラクターを含む総勢57人をイラスト化した超大作。映画ポスター史上最多の57キャラが記載されたポスターに仕上がった。

 園監督がワークショップを行うと決まった当初から、最終的に映画作品が作られることは決まっており、劇中でもオーディションのシーンを軸に描かれることから、参加した役者たちは、ワークショップの面接時から「すでに本編撮影がはじまっている?」と錯覚してしまう環境にあったという。

 本作でカリスマ映画監督・小林役を務める山岡竜弘は、ワークショップの面接時点から、本来、園が座る“監督席”に座り「園子温」として面接を行わされ、監督本人は清掃のおじさんを装って現場で様子をうかがっていたというエピソードも。

 撮影は、園監督のハリウッドデビュー作で10月8日公開の『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の撮影前となる2019年8月に行われた。本作に出演し、可能性を見いだされた役者たちの中には、その流れから『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』に出演、ハリウッドデビューを果たすことになった者も。その一人である山岡は「まさか、ニコケイとソフィア・ブテラと共演することになるとは」と、ワークショップに参加してから激変した役者人生に、今も興奮と驚きを隠せない様子で話している。

 本作は、園監督が脚本・編集・音楽を担当し、藤丸千、黒河内りく、モーガン茉愛羅、山岡竜弘、小西貴大、上地由真、縄田カノン、鈴木ふみ奈ら役者の卵たちのほかに一般応募から参加し、ワークショップの役者選抜51人に選ばれた藤田朋子、田口主将や、園組常連としてキャスティングされた吹越満、渡辺哲、諏訪太朗が参加。すでに世界12の国際映画祭で上映され、昨年10月開催された第49回モントリオール・シネヌーヴォー映画祭では観客賞を受賞している。

 映画『エッシャー通りの赤いポスト』は、12月25日より全国順次公開。

関連リンク

  • 9/30 19:35
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます