光宗薫 ショックで夢遊病者状態 水彩画勝負敗れ「5位…5位…5位…」8回つぶやく

拡大画像を見る

 元AKB48で女優、モデルの光宗薫が30日放送のTBS「プレバト!!3時間SP」に出演。「水彩画部門秋のコンクール」でまさかの順位に終わり、ショックを隠せなかった。

 芸能人の水彩画の腕前を競う同コーナー。野性爆弾くっきー!や女優・田中道子、モデルのアンミカら特待生同士のハイレベルな戦いとなった。名人3段でこれまで何度も優勝している光宗は、優勝か5位かという最後の発表で優勝できなかったことが分かると、ショックに眉をひそめた。

 首をひねり「5位…5位か…5位初めてです…5位か…」とぼうぜん。「5位…5位…」と夢遊病者のようにつぶやきながら、がに股で歩き席につくなど、優勝を確信していただけに信じられない様子だった。

 結局、8回も「5位」とつぶやいた光宗。描いたのは、競走馬がレースで激走する様子で、先生からの評価は、文句なしの満点だったが「まったく悪くないけど、主役の馬の躍動感が目立たなかった」と、ほんの僅差で敗れたことを告げられると、納得した表情を見せていた。

 インスタグラムでは29日にこの日の衣装をアップ。うつむいた表情の写真をアップしていた。

 ちなみに優勝はナイツ土屋伸行だった。

関連リンク

  • 9/30 20:28
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 脱走兵

    10/4 12:32

    アレは無理やり順位付けただけ。五人とも素晴らしかった。後付けで『ストーリー性』なんて評価基準を足さなければ順位を付けられなかっただけ。他の評価基準にしてれば別の順位だったよ。

  • ウソだろう?

  • マジか

記事の無断転載を禁じます