池松壮亮&浜辺美波「シン・仮面ライダー」出演決定 池松は松葉杖で登場「改造手術に失敗」

【モデルプレス=2021/09/30】俳優の池松壮亮と女優の浜辺美波と庵野秀明監督が30日「シン・仮面ライダー対庵野秀明展」合同記者会見に登壇。「シン・仮面ライダー」(2023年3月公開)の主演を池松、ヒロインを浜辺が務めることが発表された。

◆池松壮亮&浜辺美波「シン・仮面ライダー」出演決定で心境明かす

主演が決定したことを受け、松葉杖で登場した池松はアクション練習に励むあまり靭帯をケガしたといい「『主人公が改造手術に失敗したけど撮影には支障ない』と書いていただければ」と言い笑いを誘った。続けて「驚きましたし、なによりも庵野さんが『シン・仮面ライダー』を準備していることにワクワクしましたし、軽々しく引き受けられるものではないですが、これだけ素晴らしい挑戦に、自分も参加して力を出せたらなと思います」と意気込んだ。

浜辺は「私自身仮面ライダーが子どもの頃から大好きで、ヒーローのような希望の存在だったので、関わることができることと庵野さんが原点を描かれるということでどういうものになるんだろう、と。ヒロインを演じさせていただけるのが驚きでしかなかったです」と喜びの思いを明かした。

◆浜辺美波、キャスティング理由に驚き

そして、庵野監督は浜辺をヒロインにキャスティングした理由にも言及。「ヒロインをどうしようと考えていた時にですね。会社に東宝のカレンダー貼ってるんですよ。ちょうど浜辺さんの月だったので『あ、この子いいや!』と、でちょうど浜辺さんがご出演なさっている『賭ケグルイ』の映画を観てですね、自分の勘は正しかったです」とユーモア溢れる起用理由を明かした。

それを受け、浜辺は「ありがとうございます。発行している甲斐があります」と感謝。「経緯を全く聞いていなかったので、カレンダーからだったとは。良かった~8月で」と自身が8月のページを担当していたことに喜びの思いを噛み締めた。

◆映画「シン・仮面ライダー」

同作は、2023年3月に公開予定の仮面ライダー映画作品。庵野監督が脚本も務め、仮面ライダー生誕50周年企画作品の1つとなる。 (modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/30 19:04
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます