玉川徹氏「河野さんなら野党は総選挙厳しかった」も政治評論家から全否定

拡大画像を見る

 テレビ朝日局員の玉川徹氏が30日、レギュラー出演する同局系「羽鳥慎一 モーニングショー」に出演。29日に投開票が行われた自民党総裁選について語った内容が、政治評論家に否定される場面があった。

 岸田文雄氏が勝利し、下馬評が高かった河野太郎行革担当相が完敗したことについて、玉川氏は「野党の立場から考えると、河野さん(が新総裁)だったら大変だったでしょうね。河野さんが総裁になって総理になっていたら、衆院選挙は野党は相当厳しかったんじゃないかと思います。だから岸田さんでましだったんじゃないですかね。総選挙という点では、自民党がどれくらい(議席を)減らすのか、減らす量が少ないのか多いのかという議論だったんですが、河野さんだったらむしろ、増えることもあったんじゃないかと思うくらいですね。だから野党はよかったと思っているんじゃないですか」と想像した。

 これに対して、元テレビ朝日政治部デスクで現在は政治評論家の細川隆三氏は「僕は逆に岸田さんの方が野党はやりにくかったと思う」と反対意見を提示。「原発政策など、ツッコミどころは河野さんの方がある。ツッコミどころは岸田さんの方がない。戦いにくいのは岸田さんじゃないかなと思う」と話した。

 玉川氏は、一部で河野氏の「応援団」と書かれていた。

関連リンク

  • 9/30 18:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます