花澤香菜、声優の仕事を初めて“楽しい”と思えるようになった作品とは?

きゃりーぱみゅぱみゅがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~」。この番組では、きゃりーが自身の趣味や興味のあることについて語ったり、いま輝いているゲストをお迎えしたりしながら、さまざまなエピソードを1冊の本に見立て、紐解いていきます。9月12日(日)、19日(日)の放送では、声優で歌手の花澤香菜さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)花澤香菜さん、きゃりーぱみゅぱみゅ



花澤さんと言えば、透明感のある癒し系ボイスが大人気。「五等分の花嫁」(中野一花役)や「鬼滅の刃」(甘露寺蜜璃役)など、300本以上のアニメ作品に出演しています。きゃりーは「花澤さんの声が大好きなので、お会いできるのがすごく楽しみ」と胸を躍らせます。

★Chapter#01「子役からの卒業」
幼稚園のときから子役として事務所に所属し、高校生まで活動していた花澤さん。小学生時代あたりまでは仕事に恵まれるも、成長するにつれて子役としての仕事も激減。大学に進学するタイミングで、「区切りだと思って、長く続けてきたのはこれ(子役)だけだったけど“辞めよう”と決意した」と振り返ります。

そのことを事務所のスタッフに伝えたところ「声がいいから辞めないで!」と引き止められたことがきっかけで、「声優にシフトチェンジして、挑戦してみようと思った」と花澤さん。大学に通いながら、声優の仕事をこなすようになりました。

★Chapter#02「冷蔵庫から生まれた謎の生物」
声優になった花澤さんが、オーディションで手にしたアニメ「ぽてまよ」のぽてまよ役。

このキャラクターは、主人公・森山素直の家の冷蔵庫から出てきた謎の存在で、「ほにほに」、「にゃー」、「シャー」といった小動物的なセリフしかなく、台本にも「ほにほに(以下、アドリブ)」との文字が。

この役を担当するまでは「与えられたセリフを一生懸命言う仕事だと思っていたけど、自分のなかでいろいろと演出できたり、つくれたりするものなんだというおもしろさが見えてきて、声優の仕事を“楽しい”と思えるようになった」と話します。

声優という仕事は、「基本的には監督が求めるものをパフォーマンスする受け身の仕事なんですけど、(自分が)出したものを『すごくよかった』、『また一緒に仕事がしたい』と言ってもらえるとすごくうれしいですね」とやりがいを語りました。


(左から)きゃりーぱみゅぱみゅ、花澤香菜さん



★Chapter#0 Library★
新しい一歩を踏み出したいときに、背中を押してくれるおすすめ作品を伺うコーナーで、花澤さんがセレクトしたのは、西加奈子さんの小説「サラバ!」(小学館)。

西加奈子さんの作品がとにかく大好きだという花澤さん。その魅力について、「読んでいると生命力がみなぎってくるというか、すごくパワーがみなぎってくる」と話します。なかでも本作は、「格別パワフルなんですよ!」と声を大にします。

作中に登場する「あなたが信じるものを誰かに決めさせてはいけない」というフレーズがとにかく響いたそうで、「いろいろな人がいろいろなことを言うけど、自分の人生は自分にしかコントロールできないし、自分で信じるものをひとつ見つけられたら力強く生きていけると、この文章を読んでハッと思った」とセレクト理由を語ってくれました。

そんな花澤さんが、新たな一歩を踏み出すときに大切にしていることは、「失敗しても成功しても、全部自分の経験になるということ」。自身のことを「石橋を叩きまくって渡るタイプ(笑)」と話すほどの慎重派ではありながらも、この精神で臨むことで「すべて声優のお仕事に返るんだって、思い切って一歩を踏み出せる」と語ります。



2週にわたる花澤さんとのトークを振り返り、きゃりーは「たくさんお話が聞けて楽しかった。(花澤さんがハマっている)韓国ドラマを、帰ったら速攻で観ます!」と話していました。

次回10月3日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~
放送日時:毎週日曜 12:30~12:55
パーソナリティ:きゃりーぱみゅぱみゅ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/heart/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 19:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます