「水ダウ」不仲おぼん・こぼん「第2事件」舞台で殴り合い→「こぼん殺す」

拡大画像を見る

 29日放送のTBS「水曜日のダウンタウン」で深刻な不仲状態が続く、ベテラン漫才コンビ「おぼん・こぼん」を和解させるための大型企画が放送された。コンビを別々に呼び出して、高校時代、対照的だった2人の上京、苦労しながら2人で支え合った若手時代のVTRを見せ、娘、孫、級友、芸人仲間らを動員して和解を迫りながら、ギリギリのラインでイジる2年がかりの企画で、事前の予想どおりネット上を沸かせた。

 プレゼンターを務めたナイツは、VTRにも登場し、不仲の発端は、2015年の「漫才協会の理事選挙」で、初めてこぼんの得票が、おぼんを上回ったことが発端だと詳細を証言した。

 ここから関係がぎくしゃくし、「第2の事件」が発生。ナイツ・塙によると、おぼん・こぼんは不仲状態で舞台にあがっていたが、いつもの漫才のやりとりの中で、おぼんが横山やすしさんにすごいお世話になったと話すくだりで、こぼんが「おぼんはそんな世話になってないけどね」と急に言ったことで、怒ったおぼんが無言で殴り、こぼんも殴り返したという。

 塙は「楽屋にいて一瞬で笑い声が消えたので何か起こったと思った」と証言。舞台上で殴り合いになったことが証言されたこのVTRを、おぼんは苦笑、こぼんは無表情で見ていた。

 塙によると、舞台後に塙がこぼんと、若手がおぼんと飲みに行って、別々に2時間くらいなだめたという。こぼんが塙に「俺もちょっと悪かった」と言ったため、塙が若手に電話。「そっちどう?」と聞くと、おぼん側からは若手が「こぼん殺すって言ってます」と衝撃の報告が入ってきたといい、塙は「2時間飲んで、余計火がついちゃった」と証言し、爆笑が起こった。

 企画では、おぼん・こぼんは、互いが大切な存在であることは認め、結末は次回に持ち越しとなった。

関連リンク

  • 9/30 17:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます