坂上忍 安倍・麻生・石破各氏を四役登用案「水ダウ見ていい話だな」と発案

拡大画像を見る

 俳優の坂上忍が30日放送のフジテレビ「バイキングMORE」に出演。29日の自民党総裁選に勝利し、第100代内閣総理大臣に就任することが確実の岸田文雄新総裁による「岸田政権」の閣僚の顔ぶれ予想を行った。

 坂上は「ウルトラC」として、党四役に、安倍晋三前首相、麻生太郎副首相、石破茂元幹事長の登用を提案。その根拠として、「昨日、『水曜日のダウンタウン』で、おぼん・こぼんさんをどうやって仲直りさせるかというのをずっと見てて、いいお話だなあと。ダメですか?」と、まさかの“元ネタ”を明かした。

 29日の「水ダウ」では、長年不仲のベテラン漫才コンビ、おぼん・こぼんを仲直りさせようと、後輩のナイツや家族らが奮闘する様子が報じられた。

 坂上から「安倍&麻生&石破仲直り案」を聞かれた政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、「石破さんは人気もあるし実力もある。でも安倍さんと麻生さんは敬遠している。でもその石破さんを岸田さんが使ったら、一線を置いているなという指標になるのは、シナリオとして間違いない」と「水ダウ発仲直り案」に乗っかった。

関連リンク

  • 9/30 16:13
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます