カンロとプロゲーマーが共同開発! eスポーツで「勝つためのエナジーグミ」数量限定販売中

拡大画像を見る

カンロは、eスポーツプレイヤーのももち選手やチョコブランカ選手らが所属する「忍ism」と共同開発したグミ「BRAON(ブレオン)」を、カンロオンラインショップにて、数量限定で販売を開始した。

同商品は、「キャンディならではの機能性」を開発方針のひとつとして、“脳”をテーマに、グミカテゴリーで初めてeスポーツプレイヤーと共同開発。

“勝つためのエナジーグミ”をコンセプトに作られ、「速攻」と「持続」に着目し、ぶどう糖とパラチノースの2種類の糖を配合した、頭脳で戦う人のパフォーマンスをサポートする“ブレインフード”だという。

共同開発では、カンロがeスポーツプレイヤーのライフスタイルを徹底的にヒアリング。1日10時間以上に及ぶほどの練習を行ない、ゲーム中は“糖”を意識的に摂取するというストイックな生活を送るプレイヤーに寄り添うために、eスポーツプレイヤーに必要な2つの糖、ぶどう糖とパラチノースを配合。

小粒で歯切れのよい食感のグミにすることで、プレイ中の隙間時間での糖分補給を可能にしている。コントローラーを扱う手を汚さずに済むように、片手で扱える容器を採用することで、試合前や練習中などシーンを選ばず、手軽に食べることができる。

1箱8本入りで、税込価格は2000円。箱のデザインは、eスポーツプレイヤーの生活スタイルに馴染むように、黒を基調として、情報を省いたスタイリッシュな仕上がりに。細長いボトルは、片手で手を汚さず、流し込むように食べられる新スタイルを実現。味はソーダ味とブルーベリーソーダ味の2種類を展開し、起動ボタンを想起させる電源型のグミ粒は、ペクチンを配合し、程よい硬さと歯切れの良い食感が特徴。

発売を記念し、開発に協力したプレイヤーたちによるゲーム大会「BRAON PRESENTS ゲームが本当に一番上手いやつは誰だ!? Nidhogゲーミング下剋上!」を、10月10日18時よりYouTube「シノビチャンネルももチョコ」にて生配信。大会に先立ち、「勝つのは誰だ 優勝者予想キャンペーン」を、カンロ公式Twitter(@kanro_pr)で実施している。

BRAON ブレオングミブランドサイト – Kanro POCKeT:
https://kanro.jp/pages/braon[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

関連リンク

  • 9/30 15:30
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます