え待って、どういう事?!“女性が気づきにくい”男性からの「脈なしLINE」

恋愛感情がない女性からのLINEには、脈なしLINEでやんわりと気持ちを伝える男性もいます。
しかし、中にはわかりにくい脈なしLINEもあるものです。

今回は、女性が気づきにくい男性からの脈なしLINEを4つご紹介します。

(1)返信が遅くても「ごめん」の一言がない


LINEの相手が好きな人であれば、できるだけ早く返信しようとするもの。
返信が遅くなってしまったときは、「仕事で手が離せなかった。返事遅れてごめん」とお詫びの一言があるはずです。

しかし、返信が翌日になっても「ごめん」の一言もなければ、脈なしの可能性があります。
大切な人ではないため、自分の都合のいいときに返信すればいいと思っているのでしょう。

(2)自分から質問することはない


こちらからの質問には答えてくれるけれど、自分からは全然質問してこない男性もいます。
このような場合、男性は相手の女性に興味を持っていないのかもしれません。

また、質問すればやりとりが長引くため、質問を控える男性もいます。
いずれの理由でも脈なしなのですが、質問には答えてくれるため、女性にとっては気づきにくい脈なしサインといえるでしょう。

(3)忙しいアピール


「今月いっぱいは忙しそう」「忙しくて毎日残業続き。休日は寝ていたいよ」というような男性の忙しいアピールも、脈なしサインの場合があります。
「忙しいから誘ってもデートできないよ」と、予防線を張っているのです。

「お仕事頑張っているね」と思っていたら、実は脈なしサインだったりするのです。

(4)返信が一言


「了解」「なるほど」というように、返信が単語のみの男性もいます。
この場合、「話したいことがない」「LINEがめんどくさい」「会話を広げたくない」といった理由があります。

「彼はLINEが苦手なのね」と思っていたら、実は単に会話を早く切り上げたいだけという可能性もあるのです。
気づきにくいですが、脈なしLINEの可能性がありますよ。


男性からのわかりにくい脈なしLINEをご紹介しました。
はっきり伝えるのは悪いと思い、脈なしLINEを送って「察してほしい」と思っている男性もいるようです。

ご紹介した4つの特徴が見られたら脈なしの可能性がありますので、LINEの頻度を低くした方がよいでしょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 15:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます