西野七瀬 主演ホラードラマ『言霊荘』、ABEMAオリジナルドラマを発表「本編よりも怖さが増しているなと思いました」制作発表生配信イベントにて

拡大画像を見る

西野七瀬が、9月29日(水)に自身が主演を務めるテレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』の制作発表生配信イベントに出演した。西野のほか、ドラマ出演者の永山絢斗、堀田真由、三吉彩花、森田望智、石井杏奈、中村ゆりか、斉藤由貴が登場。本記事では、同イベントのオフィシャルレポートをお届けする。

同作は、女性限定マンション『レディスコート葉鳥』の住人たちが放った言葉が現実となり、“言霊”という“人ならざる者”に住人女性たちが翻弄されていくというスリリングなホラードラマ。

この日はそれぞれの役柄紹介が行なわれた後、まずMCから、“ホラードラマですが、みなさん怖いのは大丈夫ですか?”と質問されると、ホラーが好きと答えた西野は、“今回、お話をいただき嬉しかったです。母がホラー好きで、小さい時から見せられ、本当はトラウマだったのですが(笑)、大人になればなるほど好きになってきて。今回お話しいただき、全然やりたい!と思いました。ホラー好きな母のドラマを見た感想も楽しみです”と回答。

同じくホラーが好きと答えた三吉は“ホラーがすごく好きです。普段からホラー作品に携わることが多いのですが、現場は怖いからこそ、和気あいあいで楽しいです”と答えた。また、言霊荘の撮影現場の雰囲気を尋ねられると、“意外と現場で全員集合するシーンはまだないのですが、<TGC>で集まったタイミングからあだ名で呼び合うようになり、そこから一気に会話が弾んでよく現場で喋るようになりました”と語り、それぞれあだ名は、西野は“なーちゃん”、内田は“だーりお”、堀田は“ほったちゃん”、三吉は“みよしちゃん”、森田は“みさとちゃん”、石井は“あんちゃん”、中村は“ゆりかちゃん”で呼び合っていることを明かした。

一方、ホラーが嫌いと話す中村は、“ホラーは極めて苦手ですね……。子供の頃は、リビングからホラーの音聞こえると出られなかったくらいです。メイクさんに、怖がりを克服するには、「からくりがある」ことを考えると怖くなくなるよ、と言われ、考えてみようかなと思っています”と克服方法をトーク。

記者からの質問コーナーでは、“今回は「言霊」という「言葉」がテーマになっていますが、みなさんがよく口にする言葉を教えてください”と質問されると、堀田は“「お腹が空いた」はよく言っちゃいます。ホラーなので、エネルギーを使うシーンも多いのですが、たまにお腹が鳴ってしまってNGが出ることも……(笑)”とおちゃめなエピソードを披露。

続いて、森田は“口癖はないと思うのですが、旅行に全然行けていないので、自然豊かなどこかへ行きたいなと思っています”と話し、石井は“「大丈夫」ってよく言っている気がします。気休めではないけど、緊張した時に自分の気持ちを楽にできるように言っています”と回答した。

最後に、“言霊の力を信じて、今年のうちに成し遂げたいことを教えてください”と質問されると、永山は“まだ初段ですが、将棋の昇段”と答え、斉藤は“断捨離ですかね……。ずっと言い続けて、なかなか進まないので、少しでも進めたいです。まずは、本と、洋服から始めたいです”とそれぞれ成し遂げたいことを打ち明けた。

終始和やかな雰囲気にて行なわれた制作発表の終盤では、本編と連動したABEMAオリジナルドラマを発表。地上波では放送できなかった“本当の恐怖”を描くオリジナルストーリー『ある視点~もう一つの言霊荘~』をABEMAにて独占配信することをアナウンスした。

西野はMCから、“本編のエピソードとはどう違いますか?”と聞かれると、“本編のシーンとシーンの間に何をしていたか?が描かれていて、このドラマを見ることで本編がより楽しめる作品だと思います。台本を読んで、本編よりも怖さが増しているなと思いました。ホラー的怖さ、色々な怖さが詰まっていて面白かったです。怖さ「増し増し」で楽しみたい人はおすすめです”と回答。オリジナルドラマは、本編とは別視点で描かれ、『言霊荘』のエピソードとエピソードの間をつなぎながら「レディスコート」の住人に毎回フォーカスが当てられる。

生配信を見ていた視聴者からは“怖そう……だけどなぜか面白そう……!”、“楽しみ!”など、期待の声が次々と寄せられていた。

テレビ朝日系24局『言霊荘』
放送日:10月毎週土曜23:00~23:30

[配信]
『ABEMA』:地上波放送終了後
『ABEMA』放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル(放送日未定)

ABEMA新作オリジナルドラマ『ある視点~もう一つの言霊荘~』
配信日:10月9日(土) 地上波放送終了後より配信開始(全6話)

■スタッフ
脚本:橋本裕志
演出:落合正幸、日暮謙、松川嵩史
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:浜田壮瑛(テレビ朝日)
谷口達彦(ABEMA)
木曽貴美子(MMJ)、村山太郎(MMJ)
制作:テレビ朝日
ABEMA
MMJ

■おもな登場人物
・歌川言葉(コトハ/うたがわ・ことは):西野七瀬
25歳。底辺ViewTuber。言葉の力を信じ、人々の幸せを願う、夢見がちで天真爛漫な天然女子。“前向きな言葉は幸せを運びます”“夢や願いを言葉にし続ければいつか必ず叶います”“ポジティブな言葉で幸運を引き寄せましょう”と無駄に明るく、『歌川コトハの引き寄せチャンネル』を通して啓蒙活動を続けているが、世間には響いていない。怖がりのくせに、好奇心旺盛。友人・紗香の紹介でレディスコート葉鳥の新たな住人となるが、やがて“言霊”の坩堝の渦中へと身を投じることに……。

・中目零至(レイシ/なかめ・れいし):永山絢斗
30歳。自称、霊能者。嘘八百を並べて、祖母がイタコであることを売り文句に、霊感商法でぼろ儲けを目論むサイテー男子。だが、悪人になり切れない人のよさから、霊感商法でも成功は程遠く、ほかに取り柄もない。ひょんなことからコトハと知り合いになり、レディスコート葉鳥の怪奇現象に巻き込まれていく。自身には霊視能力などなく嘘だが、祖母がイタコというのは実話。

・岩戸志麻(トシマ/いわと・しま):斉藤由貴
46歳。レイシの叔母で、普段は神社に勤めている女性宮司。弓道が得意。除霊師としての一面があり、コトハとレイシがレディスコート葉鳥の除霊を依頼するが、“霊の実態がわからなければ除霊はできない”“危険手当100万円”と突き放す。やがてコトハとレイシが言霊の真相に迫るや、除霊に立ち上がる。しかし、彼女にどれほどの除霊能力があるかは、誰も知らない。

・阿木紗香(あぎ・さやか/1号室):三吉彩花
25歳。作詞家。コトハの友人で、コトハをレディスコート葉鳥に招き入れる。なかなか売れなかったが、『歌川コトハの引き寄せチャンネル』を見て前向きに夢を語るうち、作詞曲が大ヒットする。

・丸山栞(まるやま・しおり/2号室):中村ゆりか
26歳。東京都議会議員の私設秘書。自身も次期都議会選への出馬を目論み、その先には国政進出まで視野に入れる野心家。記者に自分の過ちや不正を追及されても、“記憶にありません”と強気に言い逃れる。

・小宮山綾子(こみやま・あやこ/3号室):堀田真由
24歳。フリーアナウンサー。インターネット報道番組のワンコーナーを担当。フリーという弱い立場につけこまれ、報道局長から事実と反するニュースを読むよう指示され、葛藤する。

・菊川麻美(きくかわ・あさみ/4号室):森田望智
29歳。医師。勉学一筋の真面目な人生だったが、初めて思いを寄せる男性が現れる。その男性は重い肝臓疾患を患っており、“どんなことをしてでも彼を助けたい”とレディスコート内で嘆く。

・林原早紀(はやしばら・さき/5号室):石井杏奈
24歳。小学校教師。普段は生徒想いの慎ましい女性に見えて、その姿とは裏腹の欲望が、あることをキッカケに剝き出しになる。

・渡邊瞳(わたなべ・ひとみ/6号室):内田理央
31歳。雑誌編集者。聡明で博識。レディスコート葉鳥の謎に悩むコトハを気遣って、親身に相談に乗る。コトハとレイシは彼女を頼りにするが、やがて不可解な行動が目立ち始める。

・蝶野繭(ちょうのまゆ):内藤理沙
30歳。巫女。神社で宮司を務める志麻のもとで働く。

※ABEMAのプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」にてご覧いただけます。
※「ABEMAプレミアム」は、月額960円で、「ABEMA」をより一層お楽しみいただけるABEMAのプレミアムなプランです。

関連リンク

ドラマ配信ページテレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』

関連リンク

  • 9/30 14:23
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます