水溜りボンド冠番組が終了 新型コロナや「世の中の情勢などを総合的に判断」とTVK

拡大画像を見る

 人気YouTuber(ユーチューバー)・水溜りボンドの冠番組「水溜りボンドの○○いくってよ」(みずたまりぼんどのまるまるいくってよ、TVK、土曜後10時)が9月末で終了することが30日、公式ウェブサイトやツイッターで発表された。同番組は6月から休止していた。

 メンバーのトミーが経営する飲食店で、他のYouTuberらと、緊急事態宣言下でパーティーを開催していたことが「文春オンライン」に報じられたことを受け、活動を休止。同じタイミングで同番組の放送が休止されていた。

 番組公式サイトでは、「9月末をもちまして、番組を終了させていただくことになりました」と報告した。「休止期間中も、毎日のように視聴者やファンの皆様から、番組や出演者、スタッフに対するたくさんの温かいメッセージやお手紙などをお寄せいただき、また、番組復活を望む多くの声もちょうだいいたしました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます」と改めて、視聴者に感謝した。

 終了を決断した理由として、「新型コロナウイルスを取り巻く環境の厳しさや世の中の情勢などを総合的に判断し、番組終了という苦渋の決断をさせていただきました」と説明した。ロケを中心にした番組であることも考慮したと見られる。

 水溜りボンドのメンバー、カンタは自身のツイッター(@kantamizutamari)で「この休止期間中に送られてきた番組を待つたくさんのメッセージがとても嬉しかったです。本当に素敵なスタッフさんや関係者の方々のおかげで成り立っていた最高の番組でした。これまで水まるを楽しんでくださった方々、本当にありがとうございました」(30日、午後0時7分の投稿を引用)とつづっている。

関連リンク

  • 9/30 14:09
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます