F・デ・ヨング、危機的状況のバルサに言及「監督を変えても何も解決しない」

拡大画像を見る

 バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、29日に行われたチャンピオンズリーグ・グループEベンフィカ戦を振り返った。同日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 初戦で完敗を喫したバルセロナは、29日に行われたチャンピオンズリーグ・グループEでベンフィカと対戦。開始3分に先制点を許したバルセロナは攻勢に出るものの、ゴールを奪うことができないまま前半を折り返した。すると、69分と79分に追加点を挙げられ3点のビハインド。試合はこのまま0-3で終了し、バルセロナ史上初のCLで開幕連敗スタートとなった。

 開幕連敗スタートについてF・デ・ヨングは「今は困難な時期。前半の早い段階で失点を許してしまうと、いつも難しくなる。前半のプレーは悪くなかったし、チャンスも作り出せていたけど、得点には至らなかった」と反省点を口にした。

 続けて、クループステージ突破の可能性について、F・デ・ヨングは「まだ試合が残っているから、残りの対戦相手に勝てばチャンス。グループステージを突破できる自信をまだ持っている」と言及。また「僕たちは戦い続け、団結し、この状況を克服しなければならない。このような困難から逃れるには、懸命にプレーし、チーム一丸となって戦う必要がある」と意気込みを語った。

 最後に、解任が噂されているロナルド・クーマン監督について、F・デ・ヨングは「クーマンについて、僕は話せない。監督を変えても何も解決しないと思う」とコメント。さらに「僕たちは負けているし、得点もしていない。非常に複雑な状況。それでも、僕たちは前を向いて進んでいかなければならない」と胸中を明かした。

関連リンク

  • 9/30 14:00
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます