博多大吉、嵐・櫻井翔と相葉雅紀の“W結婚報告”に「トータルテンボス以来の快挙」

拡大画像を見る

29日に放送されたTBSラジオ『たまむすび』で、前日に発表された櫻井翔と相葉雅紀の結婚報告について触れた博多大吉。大吉と言えば、コンサートチケットを入手するためファンクラブにも入っていたほどの“嵐の大ファン”である。かつて嵐と番組共演した際には、彼らに見とれてしまうため「逆に力が発揮できない」とガチぶりを明かしていたものだ。

そんな大吉だが、2人の結婚に関しては「共通の知人から連絡を頂いて」知ったという。「えっ!?」と驚く赤江珠緒アナウンサーに、すかさず「ヤフーニュースって言うんですけどね」、「ごめんなさいね、ナイツのネタみたいなことを言って」と冗談でスタジオを笑わせていた。いくら同じ芸能界に属する大吉といえども、今回の突然の報告で受けた衝撃は一般のファンと変わらなかったようだ。

人気アイドルの結婚発表はそれだけでかなりのインパクトをもつが、今回の報告がさらに驚きをもって伝えられたのは、櫻井と相葉が同時にそれぞれの結婚を報告した“ダブル結婚報告”だったことも起因しているだろう。これに大吉は同じ吉本芸人を思い出したそうで、「これ、トータルテンボス以来の快挙だと思いますね」と一言。確かに大村朋宏と藤田憲右は2006年4月に揃って結婚を発表しており、しかもお互いが同年11月に第1子が生まれるという奇跡のシンクロぶりを見せるほどの仲良しコンビである。櫻井と相葉に関してはアイドルという立場上、ファンの心理を熟考したうえで今回の同時発表につながったのではないかと推測できるが、理由や状況は違えど同じグループのメンバーが同じタイミングで結婚報告することは異例であり、トータルテンボスのケースは15年も前のことだ。大吉は「快挙かどうかはわからないけど」と笑っていたが、それほど今回の報告が珍しいということだろう。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 9/30 13:40
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます