ダニエル・クレイグ、『007』のプロデューサーが製作する舞台「マクベス」に主演 ルース・ネッガがマクベス夫人役

拡大画像を見る

9月28日(現地時間)、ロンドンでついに世界初上映を迎えた『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。今作でジェームズ・ボンド役を卒業することが決まっている主演のダニエル・クレイグと、『007』シリーズのプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが、早くも再タッグを組むことが決まった。

ダニエルは、ブロッコリがプロデュースする舞台「マクベス」のタイトルロールを演じるという。「Deadline」などが報じた。ブロッコリは「ダニエルは素晴らしい映画俳優であるだけでなく、舞台俳優としても最高なんです」とコメントしている。

マクベス夫人を演じるのはルース・ネッガ。ブロードウェイのライシーアム劇場で2022年4月28日に開幕を迎え、15週間にわたって上演される。ルースにとって、「マクベス」はブロードデビュー作となる。

演出は、「ファン・ホーム」でトニー賞ミュージカル演出賞を受賞したサム・ゴールド。「劇場が再興へと向かうこのシーズンに演出を手掛けること、劇文学における最もチャレンジングかつ壮大なドラマで2人の優秀な俳優と一緒に働けることに、この上ない喜びを感じています」と語っている。

チケットは10月6日に先行発売、10月8日に一般発売開始となる。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 9/30 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます