玉木宏、子育ての苦労語る 家族を持って実感したことは?

【モデルプレス=2021/09/30】俳優の玉木宏が30日、都内で行われた新CM発表会に出席。子育てについて言及した。

◆玉木宏、子育てを語る

玉木は2018年6月に女優の木南晴夏と結婚。2020年8月に第1子が誕生していたことが明らかになった。イベントで「年を重ねてよかったと思うこと」を聞かれると、「家族も持ちましたし、20代30代とは違った楽しみが増えましたね。いただく役も大人の役も増えてきて、周りの環境によって生かされていると思います。人は一人では生きられないですからね」としみじみだった。

「時短」をテーマにしたトークセッションでは、「僕も時間って足りないなって思う。子どもの寝かしつけもありますし。子どもを寝かしつけてからだと遅くなってしまって、自分の時間でやれることが限られる。僕自身も時間がほしいと思うことがあります」といい、続けて「(時間を作るのは)睡眠時間を削っていくしかない。いつかはクリアになるだとうと思いながら、今は削るしかない。みなさんそうしてやってきていますしね」と子育ての苦労を明かした。

「スケジュールは自分で立てて細かく行動している。あんまりゆっくりしている時間はそんなにない」と慌ただしい毎日を送る玉木。そんな中でも欠かせないルーティンは「運動をすること」だという。「30代に入ってから日々心がけている。運動している最中は無心なので仕事のことも忘れるし、集中してスッキリ。リフレッシュにもなりますね。もう日課のようになっています」と紹介した。

今後挑戦していきたいことは「前から言っているのですが、自分で家を作ってみたい」とにっこり。「DIYの極みで、木の上にツリーハウスも作ってみたい。一気に仕上げるというよりは、コツコツと長い時間をかけて出来上がったら楽しいかな。振り返ってみると、子供の頃はレゴブロックが大好きで街とか家とか作っていましたね。そのまま大人になった」と少年のように笑っていた。

玉木が出演する新CMは10月1日より放送スタート。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/30 12:23
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます