Amazonから壁掛けもできる「Echo Show 15」、シリーズ最大の超大型ディスプレイを搭載

拡大画像を見る

 Amazonは9月29日、家族の暮らしの中心となるデバイスとして設計されたスマートディスプレイ「Echo Showシリーズ」の新製品「Echo Show 15」を発表した。価格は2万9980円。

 「Echo Show 15」は、15.6インチフルHD(1080p)のスマートディスプレイを搭載し、壁掛けや専用スタンド(別売り)に設置して、縦・横向きのいずれでも利用できる。一家のまとめ役として、家族みんなの大切な情報や用事を整理したり、エンタテイメントを楽しんだり、離れて暮らす大切な人とつながることができるさまざまな機能を提供する。
 次世代型Amazon AZ2ニューラル・エッジ・プロセッサを搭載したほか、好みでカスタマイズできるようにホーム画面が再設計され、さらにビジュアルID機能によって表示情報のパーソナライズが可能となるなど、新しいAlexa機能を順次提供する予定。
 主な機能として、カスタマイズ可能なAlexaのウィジェット機能を搭載し、家族が必要とする情報やコンテンツをスマートディスプレイにまとめて鮮やかに表示する。コンテンツはローテーション表示できるほか、ウィジェット機能を利用してホーム画面をカスタマイズし、自分や家族にとって必要な情報を選んで画面に追加することもできる。
 家族と共有したいスケジュールの表示・更新、買い物リストへの追加・削除、やることリストの確認などが簡単に行える。「Echo Show 15」をキッチンやダイニングに設置すれば、レシピを見ながら料理をすることも可能。ウィジェットは常時更新されるため、最新の情報を把握でき、また好みに合わせて各種ウィジェットの配置を簡単に変えることもできる。
 ビジュアルID機能により、Alexaがユーザーを認識すると、個々人に合わせて「Echo Show 15」に表示される情報をパーソナライズすることも可能。ユーザーがあらかじめビジュアルID機能に登録することにより、「Echo Show 15」の前に立つと、Alexaがユーザーを認識し、ホーム画面が自動的に更新されてその人に合ったスケジュールやリマインダー、家族からのメモなどを表示することができる。
 付せん機能を利用すれば、家族に夕食時間のメモや、犬の散歩のリマインダーを残せる。さらに、15.6インチのスクリーンと5メガピクセルのカメラを搭載しているため、離れた場所にいる大切な人とのビデオ通話や呼びかけにも最適だ。
 Alexaに話しかけるだけで、Prime Videoで映画やドラマ、アニメなどのコンテンツを大画面で楽しむことができ、キッチンやダイニングに置かれたテレビのように活躍する。音楽再生時には対応する楽曲であれば歌詞を表示することができるほか、ニュースやポッドキャスト、ラジオ、オーディオブックも楽しめる。ほかのEchoデバイスに接続してマルチルームミュージック機能を利用することも可能。また、フォトフレーム機能では、Amazon Photosのアルバムの写真やアート、自然などAmazonが提供するコレクションを、フルスクリーン表示によりダイナミックなスマートフォトフレームのようにして楽しめる。

関連リンク

  • 9/30 12:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます