ダイソーの300円イヤホン比較と500円ワイヤレス、iPhone用など2021年おすすめ商品

ダイソーのイヤホンを比較!2021年のおすすめは?

100円ショップ『ダイソー』には、さまざまなイヤホンが売っているのをご存知でしょうか。

イヤホンの値段は1,000円以上するものが多く、品質のよさを求める場合はさらに高価格になりますが、ダイソーなら100円〜500円台でイヤホンが買えるのです!

2021年に新発売した有線イヤホンシリーズや、Bluetooth接続が可能なワイヤレスイヤホンなど注目商品をLIMIA編集部スタッフが聴き比べしておすすめをご紹介。それぞれの性能を詳しく見てみましょう!

ダイソーの高音質ステレオイヤホン300円シリーズを比較|おすすめはAL-002

・商品名:高音質ステレオイヤホン
・価格:各300円(税別)、330円(税込)
・イヤホン形状: カナル型
・マイク:あり
・コードの長さ:約1.2m

2021年1月にダイソーで発売した『高音質ステレオイヤホン』シリーズ。全5種類で、それぞれパッケージには「バランスタイプ」「迫力の重低音」など、音の特徴が書かれています。

価格を抑えつつ、音質もある程度は意識したいという方におすすめ。

300円シリーズのイヤホンを聴き比べしてみたところ、なかでもおすすめの種類は、写真右の『AL-002』でした!

写真左の『AL-001』と比較すると、パッケージの説明書きは全く同じで違いは色のみのようですが、音の聞こえ方は「ほんのわずかに差があるかも」と感じました。

LIMIA編集部
スタッフA
ダイソーの高音質ステレオイヤホンシリーズ、おすすめはAL-002!
5種類のなかで順位をつけるとするなら、ランキング1位はAL-002。音のバランスがよく好みでした。音質が似ているAL-001と比較すると、個人的には音の広がりを感じられるかなという感想。330円(税込)なら十分のクオリティです!

○ダイソーの高音質ステレオイヤホンのつけ心地

ダイソーの高音質ステレオイヤホンは、5種類とも耳栓のように耳の中に入れるカナル型のイヤホン。しかし、イヤホンをよく見てみるとAL-001とAL-002は写真左の形、それ以外は右の形をしていました。

実際につけてみた感想は、写真左はつけ外ししやすい写真右はよりフィットしやすいつけ心地。

LIMIA編集部
スタッフA
ダイソーのイヤホンのつけ心地!別売りのイヤーピースの購入も検討
5種類ともイヤーピースがやや大きい感じがしました。よりフィット感を出す場合は、イヤーピースを替えるとよいかも。ダイソーには、別売りですがイヤーピースが売っているので合わせてチェックしてみるのもおすすめです。

○ダイソーの高音質ステレオイヤホンの音質

ベース音の低音域、ボーカルの声を中音域、ボーカルやピアノ、バイオリンなどの高音を高音域とし、大きく3つに分けて5種類の音質を聴き比べしてみました!

AL-001とAL-002は「迫力低音とヴォーカル伸びやか」が特徴。ほかの種類と比較してみたところ、確かに声の伸びや響きは一番聞き取れ、AL-002の方がやや強い印象。クラシックやオペラなどを聴いてみると違いがよく分かりました。

また、ほかの種類も特徴通りに聞こえるか検証してみたところ、パッケージの「迫力」のグラフが唯一最大になっているAL-005でしたが、思ったより低音域の迫力は感じられなかったのが惜しいポイントでした……!

○ダイソーの高音質ステレオイヤホンの音量や音漏れ

スマホやPC、タブレット本体を一番低い音量に設定した場合の聞こえ方を検証したところ、どれもやや大きい印象。価格を抑えてイヤホンを購入すると、たまに音量が小さい商品がありますが、その点は問題ない性能です。

また、イヤホンの音漏れ具合も調べてみましたが、こちらも問題なし。とんでもなく大音量で音楽を聴いてない限りは音漏れの心配はないでしょう!

○ダイソーの高音質ステレオイヤホンはマイク付き!

高音質ステレオイヤホンは、どれもマイク付きで通話が可能。電話マークのスイッチを押すと、曲の再生・停止のほか着信時は受話・終話ができます。

リモート会議や、スマホで音楽を聴いてる最中に電話かかってきた、ゲームをしながら会話を楽しむ、なんてシーンに役立ちますね。

音質もほどよく、そしてマイク付きのイヤホンが300円台で買えるコスパのよさは、さすがダイソーといったところ。

ただ、お店をいくつか見に行ったところ「3種類ほどしか並んでいない」「品切れなどで全種類そろっていない」という店舗もありました。大型店は比較的全種類そろっていたので、ダイソーに行く際は気をつけてみてください。

ダイソーでiPhone用イヤホンが300円!イヤホンジャックなしでもOK

・商品名:ライトニングイヤホン
・価格:300円(税別)、330円(税込)
・イヤホン形状: カナル型
・マイク:なし
・コードの長さ:約1.2m

こちらは、なんとiPhone用の有線イヤホン。イヤホンジャックではなく、Lightning(ライトニング)ポートに使えるタイプです。

純正品は2,200円(税込)するところ、ダイソーでは330円(税込)で販売しています!

イヤホンの使い方は、「UPSIDE」と書いてある面が表にくるように差し込むだけ。

UPSIDEを裏にして曲を再生してみましたが、案の定何も聞こえてきませんでした。「故障かな?」と勘違いしないように!

○ダイソーのiPhone用イヤホンのつけ心地

イヤホンの形状は、耳にフィットしやすいカナル型。持ってみると、とても軽いのが特徴的です。

また、コードがやや太めなので、カバンに入れても絡まりにくいのが魅力!

○ダイソーのiPhone用イヤホンの音質

iPhone用イヤホンの音質は、100円台で購入できるダイソーのイヤホンとあまり変わらないかも……という感じでした。低音と高音が弱く、奥行きがないような印象です。

出先でどうしてもライトニング対応のイヤホンが必要、音質よりも価格重視でイヤホンが欲しいというときには助かる存在ではないでしょうか!

○ダイソーのiPhone用イヤホンの音量や音漏れ

音漏れは気になりませんが、音量はやや大きく、iPhone本体で音量を上げ下げしても音量の変化がそんなに感じられませんでした。

また、実際にiPhoneで使い心地を試していたところ、曲や動画が何度が勝手に停止してしまうことが気になりました。しばらく聞いてるとなくなるので、接触不良など購入した商品のみの問題かもしれません。

○ダイソーのiPhone用イヤホンにはマイクは付いていない

こちらのiPhone用イヤホンにはマイクは付いていないため、「マイク付きを探している!」という方は注意。音楽や動画鑑賞のみに使うという方におすすめのイヤホンです。

またいくつかの店舗に行ってみましたが、置いてある店舗が少ない印象でした。意外とレア商品なのかもしれません!

ダイソーの100円イヤホンの音量・音質を検証!

・商品名:ステレオイヤホン
・価格:100円(税別)、110円(税込)
・イヤホン形状:カナル型
・マイク:なし
・コードの長さ:約1.2m

ダイソーには、100円台で購入できるイヤホンも豊富にありますよ!

こちらは、比較的どの店舗でも見かけた『ステレオイヤホン』。絡まりにくいという特徴がある通り、コードがほかのダイソーのイヤホンと比較して太く、平べったいので、「カバンの中に入れておいたら絡まっていた」ということが起きにくいのが魅力です!

左右の表記もイヤホンにしっかり記載がある設計です。価格の安い商品は、表記がないものもあるので「どっちか分からない!」とあたふたしないで済むのはうれしいですね。

○ダイソーのステレオイヤホンのつけ心地

こちらもカナル型のイヤホンで、持ってみるととても軽い印象。

カナル型の魅力はフィット感があることですが、個人的にはイヤーピースがやや大きく落ちそうなつけ心地でした。イヤーピースを替えるなどの対策が必要そうです!

○ダイソーのステレオイヤホンの音質

ステレオイヤホンの音質は、低音域が聞き取りにくいのが惜しいポイント。

ボーカルの声はほどほどに聞こえますが、ベース音やドラムの音、細かい音が小さく全体的にこもっている感じでした。

ダイソーの300円台のイヤホンと比較してみると、やはり音質は値段相応という印象です。

○ダイソーのステレオイヤホンの音量や音漏れ

ステレオイヤホンは、音漏れは気にならず、音量はやや小さめ。機器にもよりますが、ほかのイヤホンよりも音量をちょっと上げる必要があるかもしれません。

また、この商品だけの不具合なのかもしれませんが、右から聞こえてくる音が微妙に大きく、左と右で音の大きさが違うのが気になりました……!

○ダイソーのステレオイヤホンにはマイクは付いていない

ステレオイヤホンには、マイクは付いていません。音楽を聴く、動を見るというシーンのみで楽しみたいなら問題なしですね。

細かな部分を見ると気になる点がありますが、100円台というリーズナブルさを考えれば十分な品質だと感じました!

ダイソーのワイヤレスイヤホン500円|Bluetooth対応・マイク付き!

・商品名:Bluetooth高音質ステレオイヤホン
・価格:500円(税別)、550円(税込)
・イヤホン形状:カナル型
・マイク:あり
・通信距離:見通し距離約10m
・連続再生時間:約7時間
・充電時間:約2.5時間

ダイソーには、有線だけでなく無線のイヤホンも売っています!

こちらは、無線で音楽を楽しめる『Bluetooth高音質ステレオイヤホン』。価格は550円(税込)です。写真のホワイトと、ブラックの2色から選べますよ。

○ダイソーのBluetooth高音質ステレオイヤホンのつけ心地

ダイソーのBluetooth高音質ステレオイヤホンは、左右のイヤホンがつながっている左右一体型。首にかけて使うので、イヤホンが落ちるのを防いでくれます。

充電ケーブルと説明書が付属。購入してすぐに電源は付き、接続もスムーズにできましたよ。

LIMIA編集部
スタッフA
ダイソーのワイヤレスイヤホンのつけ心地
首かけのタイプを使ったことがないので、最初はやや違和感はありましたが使っているうちに慣れてきました。軽いので、首元にあるコードの存在感はそこまで気にならないのも魅力的です。

○ダイソーのBluetooth高音質ステレオイヤホンの音質

ワイヤレスイヤホンの中音域、高音域、低音域の聞こえ方も検証。550円(税込)とやや値段も上がったからか、トータルの音質はよい印象です!

しっかり聞くと、音のこもり感と低音域の足りなさが気になりますが、声の伸びや弦楽器の重なる音の響きは自然に感じられるのがとても魅力的でした。

○ダイソーのBluetooth高音質ステレオイヤホンの音量や音漏れ

ワイヤレスイヤホンの音量は最低音量でも十分大きく、初めて聞いてみたときは音の大きさに少しびっくり。しかし、リモコンマイクで音量を調整できるのはうれしいポイントです。

イヤホンの音漏れは気になりませんでした。これで今回検証したダイソーのイヤホンは、どれも音漏れが気にならないという結果に。価格だけでなく、機能性も意識した商品ばかりですね!

○ダイソーのBluetooth高音質ステレオイヤホンはマイク付き!使い方はシンプル

説明書に沿ってスムーズに接続できました。電源を入れると、赤と青のランプが交互に点滅し、ペアリングモードに。青いランプのみになると、ペアリングが完了している合図です。バッテリー残量が少ない場合は赤いランプが点滅するなどランプの色で状態を教えてくれますよ。

Bluetooth高音質ステレオイヤホンは、通話に対応。リモコンマイクの部分にはさまざまな機能が搭載してあり、押す回数によって変化します。

550円(税込)でこんなに機能が充実したワイヤレスイヤホンをダイソーで手に入れられると思わなかったので驚きました。ぜひイヤホン選びの参考にしてみてくださいね!

※接続機器によってはできる機能が異なり、ボタンを押しても上記のように動作しない場合もあります。

ダイソーのイヤホンカバー・ケースなど関連商品もチェック!

ダイソーにはイヤホンのみならず、イヤホンケースやイヤホンカバーも取り扱いがありますよ。110円(税込)とダイソーならではのリーズナブルさで購入できるので、イヤホンと合わせてチェックしてみましょう!

○ダイソーのAirPods&EarPods用イヤホンカバー

・商品名:AirPods&EarPods用シリコンカバー
・価格:110円(税込)
・サイズ:約29×20mm
・材質:シリコン

『AirPods&EarPods用シリコンカバー』は、イヤーピース部分に装着するカバー。『Apple』のイヤホン、『Air Pods』と『EarPods』に対応した商品で、運動中にイヤホンが落ちてしまうという悩みに役立ちます!

水洗いが可能なので、清潔さを保てるのもポイント。つけてみた感じは特に違和感はなく、首を振ったり動いたりしてみたところ、つけてないときと比べてフィット感が上がりました!

Air Podsに使う場合は、充電する際に取り外す必要がありますが、簡単に装着できるので煩わしさは感じません。

ダイソーに行った際にはぜひチェックしてみてくださいね!

○ダイソーのイヤホンジャック変換コード

・商品名:イヤホンジャック+タイプCコード
・価格:110円(税込)
・コードの長さ:約10cm
・材質:アルミニウム、塩化ビニル樹脂

こちらは、タイプCの差込口のみのスマートフォンなどで有線イヤホンを使いたい場合におすすめな商品。

カラーは写真のシルバーと、パッケージにある赤黒の2種類がありました。

イヤホンジャックがない機器でも、手持ちの有線イヤホンを使って音楽を楽しめます。

やわらかいコードなので、スマホに接続している際に手元に当たっても気にならないのがポイント!

○ダイソーのマカロン型イヤホンケース

・商品名:イヤホンケース
・価格:110円(税込)
・サイズ:直径約8cm
・材質:ナイロン、ポリエステル、EVA樹脂

こちらは、イヤホンをの収納に便利なケース。マカロンみたいなデザインがかわいいですね!

「イヤホンの収納場所に悩む」「カバンの中でいつもイヤホンが絡まってる……」なんて方におすすめ。

ポケットがついているので、イヤーピースの替えや短い充電ケーブル、小物も収納できそう!

2021年9月現在も、店頭に取り扱いがありました。ほかにも水色、紫とカラー展開があったので、ぜひ探してみてください。

▽ダイソーのイヤホンケースの詳細はこちらから

【ダイソー】音楽を聴くのがもっと楽しくなる♡〔GIRLS' TREND研究所〕とコラボしたイヤホングッズ

ダイソーには200円や1,000円のイヤホンも!売り場をチェック

ダイソーのイヤホンは、種類によって音の違いが結構あることが分かりましたが、価格を考えれば十分、またはそれ以上の品質で驚きの連続でした。それぞれ音の好みは異なりますが、イヤホン選びの参考にしてみてください。

イヤホンは、「電気小物」や「電気」コーナーの売り場にまとめて陳列してあります。関連グッズも同じコーナーに並んでいたので分かりやすかったですよ。

このほかにも、ダイソーには220円(税込)で買える有線イヤホンや無線の片耳イヤホン、そして、5店舗ほど行っても見つけられませんでしたが、1,100円(税込)のワイヤレスイヤホンまでも販売しているようなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▽ダイソーはイヤホン以外にもおすすめ商品がたくさん!

【2021年9月】ダイソーのおすすめ商品64選!収納・コスメ・DIY・電化製品など人気グッズ

▽ダイソーのおすすめスピーカーはこちらから

ダイソーでスピーカーが300円から買える!?おすすめ5商品のスペックを比較調査!防滴タイプも

▽ダイソーのマウスを比較、おすすめを紹介!

ダイソーのマウスの評価は?Bluetooth・無線・有線やゲーム用5種類を検証!

▽ダイソー以外にも『スリーコインズ』でワイヤレスイヤホンを発見!

スリーコインズのワイヤレスイヤホンを徹底比較!1,500円と3,000円はどっちがいい?

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年9月)に基づいたものです。
※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2021年9月)に基づいたものです。
※記載しているカラーバリエーションは、2021年9月現在のものです。
※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 12:16
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます