なにが違うの?【結婚につながる恋愛】とつながらない恋愛の差って?

拡大画像を見る

付き合うことはできても、結婚につながらない恋愛は意外と多いです。どんなに長い期間付き合っても結婚まで至らないのは、どうしてなのか気になってしまうとマイナスに考えてしまいますよね。
そもそも、どうして結婚につながる恋愛と繋がらない恋愛があるのか、その差は何か知っておくとこれからの恋愛に生かすことができます。結婚に繋がる恋愛とそうでない恋愛の違いを見ていきましょう。


一緒に暮らしたいと思えるか

恋人同士ならいつでもドキドキしていられるよう、刺激を求めますが結婚となるとそうはいきません。
女性からすればすっぴんや寝顔をさらすことになりますし、だらしないところを見られてしまうこともあります。男性から見ても、マナーは守ってほしいところですが、ちょっとくらいだらしないところがあっても問題ないと思っています。
男性が自然体を見せてほしいと思っていても、女性が心を開けないと結婚に至るケースは少ないでしょう。


結婚後のビジョンが描けるか

女性の場合、つい結婚にこだわってしまいがちですが、男性の場合、結婚してからが始まりという意識が強いです。
特に男性は、女性の人生に大きく影響があることを気にしている場合が多く、軽はずみに結婚に踏み切れないと思っています。
特に2人で生計を立てていくとなったときに、結婚後のビジョンが描けないと、どんなに好きな相手でも結婚とはなりません。好きだけではどうにもならないのが大きな分岐点となるでしょう。


タイミングが合うか

どれだけ好きな相手でも、なかなかタイミングが合わないと結婚には踏み込みません。
結婚には計画性も大切ですが、勢いで踏み切るのも大切です。結婚はお互いの家族や親族が関係するため、2人だけの問題としてとらえているうちは結婚まで至らないことがほとんど。
年齢を気にしたり、結婚ラッシュが来ると、つい早く結婚してほしいと思って、男性に言い寄ってしまうこともあるでしょう。
ところが、結婚を迫ってきたがあまり、結婚をしたくないし踏み切れないと思ってしまい、男性との関係が終わってしまうこともあります。


結婚につながらないのは男性の気持ちが逃げてしまうから

男性は、結婚に対してとても真剣に考えています。女性側の気持ちが早まったり、恋人の延長戦で行動してしまうと、結婚に至らない恋愛になってしまうことでしょう。
結婚を考えているときは、まずは将来のビジョンを考えて、男性を安心させてみることから始めてみましょう。
男性が安心することができれば、自然と結婚に至恋愛に変化していくはずです。好きな相手といつまでも一緒にいられるように、意識してみましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/30 12:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます