「Girls Planet 999」“熱狂解説が話題”丸山礼に聞く番組の魅力 推しメン・モノマネしたいシーンは?<インタビュー>

【モデルプレス=2021/09/30】ABEMAにて放送中のグローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999 : 少女祭典」(以下、Girls Planet 999/毎週金曜よる8時20分~日韓中同時、日本語字幕付き国内独占無料放送)。戦いも終盤となり、日本でもその魅力にハマる人が続出中だが、モデルプレスでは「Girls Planet 999」の名シーンを解説した公式動画が話題を集めているお笑いタレントの丸山礼にインタビューを実施し、推しているメンバーや好きなステージ、モノマネをしたいシーン、他のオーディション番組にはない同番組だけの魅力を聞いた。

◆日中韓グローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999」

本プロジェクトには、応募総数1万3千名の中から日・韓・中の3つの地域で行われたオーディションを通過した各地域33名、合計99名が参加。言語も文化も違うが「グローバルガールズグループデビュー」という同じ夢を抱く99名の、地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げられる、夢に向けた旅路と成長過程を全12話にわたりお届け。たった9名が「グローバルガールズグループデビュー」という夢を叶え、グローバルステージへ立つことになる最終デビュー組のメンバーとして選ばれる。

9月24日放送の第8話では、第2回生存者発表式が行われ、2つ目のミッション「コンビネーションミッション」を終えた54名の中から、グローバル視聴者投票の結果により次のステージに勝ち進むことができる27名と、新たなTOP9の順位が発表された。

丸山は2日にABEMAにて公開された「【丸山礼大暴れ】圧倒的パフォーマンスや名シーンを超ハイテンションで熱狂解説!」に登場。K-POP好きで知られる丸山が時折韓国語を織り交ぜながら行った解説には「一緒にリアルタイムでみたい」「面白すぎる」「ナレーションの勢いがすごい」と反響が寄せられた。

◆丸山礼、K・C・Jグループから推しメンを明かす

― 解説動画が話題ですが、どんな反響が届いていますか?反響を受けての心境もお答えください。

「毎話副音声やってほしい」と言われます~!本当に有難いですし、こんなに自由にやらせてもらった仕事は初めてなので嬉しいです!

― 丸山さんの推しメンをK、C、Jグループから1人ずつと、その理由を教えて下さい。

韓国はソ・ヨンウンちゃん:「英雄; Kick It」のユン・ジアさんとのステージから目を奪われて、その後の「How you like that」でも圧倒的な安心感、安定感がありました。ヘルシーボーイッシュな顔立ちでノリも良くて可愛い。

中国はファン・シンチャオちゃん:顔がタイプすぎる。「FIESTA」のステージでは「チグムイラゴ」という歌唱パートで実力に驚きました。表情も素晴らしい。その後のラストまでの曲盛り上がりは彼女のおかげ。ペクグヨンマスターの「Oh!ファンシンチャオー!!」までセットでモノマネしてしまいます。

日本は久保玲奈ちゃん:彼女のパワーで「Missing you」のステージは成功したと勝手ながらに信頼してます。声量、ダンス力はピカイチだと思います。あとは日本の女子グループのリーダー感がパナいです。ご自宅でキャリーケース持って「行ってきまーす」ってしてるシーンがたまらなく好きです。 

◆丸山礼、モノマネをするなら?

― これまでで一番好きなステージとその理由を教えて下さい。

「YES or YES」の練習シーンでのなかなか集中力が続かないキム・セインちゃんとそれに対して「私はここで諦めて帰りたくない」と言うウェンヂャちゃんのリアルな年齢差のある女子同士の会話からのステージでの「エナジーアップ」の揃い具合、それに思わず甲高く笑うソンミマスターまでがチームまとまりを感じて、愛嬌のあるステージの完成具合に総じてグッときます。

― 今後注目したいメンバーは?

永井愛実ちゃん:日本人らしい愛らしいルックスと口元がなんとも可愛いです。ダンス、歌も挑戦したラップも板についていて感動しました。

嘉味元琴音ちゃん:申し分なし!最初の江崎ひかるちゃん率いる「BOOMBAYAH」ステージでは髪の毛がお顔にかかりすぎてなかなか心の中に刷り込まれてなかったのですが「Pretty U」ステージでの早口低音ちょっと長めのラップはテンポ感も崩さず、「VVS」での自作の皮肉ラップに痺れました。

― 丸山さんがモノマネをするならどのメンバーのどのシーン?その理由は?

「YES or YES」1チームのキム・ヘリムちゃんの笑顔とorの発音の良さは際立ってて最高です。「5番目の季節」のキム・ボラさんののびやかなフェイクと「へい!」の三角形ポーズは印象深く、イム・ハンビョルマスターの惜しい時の力みや、ソンミマスターの集中してステージを見る時の髪の毛の振りかざし、ティファニーマスターのステージが良かった時のよろこびの雄叫びもつい一緒にやってしまいます。

◆丸山礼「ガルプラ」の魅力を熱弁 江崎ひかるは「日本の誇り」

― 丸山さんがそもそもK-POPやオーディション番組にハマったきっかけを教えて下さい。

中学の時に友達に教えてもらったことがきっかけで当時少女時代さんが流行っていてそこからいろんなアーティストの方を見てハマりました!奇抜で最先端をいく世界中から愛される高すぎるクオリティのK-POPを愛してます!

― これまでもオーディション番組をチェックされてきたそうですが、他のオーディション番組と比較して「Girls Planet 999」の魅力は?

・マスターの豪華さ!

元々JYPの伝説女性グループWonderGirlsにいて今はソロでヒット曲連発ブイブイ言わせてるソンミ様、アジアだけでなく世界中から愛されるK-POPの時代を築き上げた少女時代のdivaティファニー様を筆頭に、K-POPのシーンでは欠かすことのできないダンス、歌それぞれの分野で数々のアーティストを手がけてきた超有名なプロデューサーさんたちに、子役から俳優さんとして活躍するヨ・ジングさんをマスターに迎えて、きめ細やかにかつ、決して個性を潰してしまわないように導く姿はK-POP好きにはたまらないシーンがあること間違いなしです。

・現代の他人への承認の多様性

他の参加者のステージを見ている時の盛り上がり方や、お互いの成功を自分のことのように喜ぶ少女たちの姿に何度も胸を打たれます。これはオーディション番組では絆ができて、ファンもその絆の在り方を見ることでまたさらに推しへの愛が深まるあるあるだと思います。

・江崎ひかるの存在感

ひかるちゃんは最初の映像審査の時からマスターの度肝を抜いていました。オーディション番組で「BOOMBAYAH」をやるということは身投げに近いほどうまくいくわけがないという認識が多いように見受けられるのですが、明らかに彼女がステージの成功に導きました。最高です。マスターたちも申し分なし褒めまくりで彼女たちのステージはYouTubeで投稿されると急上昇一位にランクインするほど注目度も高く、その後も期待を外すことなく他の参加者からの一目置かれ具合も目に見えますし、日本の誇りだと私は思います。

・宿舎の充実度

従来イメージが強かった宿舎といえばの二段ベットではなく、ひとりひとりベッドがあるところに感動しましたし、セルごとに3人部屋が形成されていてなおかつおやつタイムがあるところがほっこりします。部屋での会話やリーダーがひとりひとり部屋を回って「今日もよかったよ!最高!」と褒めにくるシーンもあって、「なんて思慮深いリーダーなんだ!」と感嘆してしまう場面も多々あります。

◆第3回投票はK・C・Jの比率ルール撤廃

第3回の投票では、個人投票となり、K・C・Jの割合は関係なく、9人が脱落。全体のグローバル順位11位から17位までが生存し、18位から27位までの10人のうち、1人だけがプラネットパスによって生存する。

生存した合計18名が、デビュー組が決定する生放送のファイナルステージに立つ。1日に放送される第9話では、オリジナルの4つの新曲に挑戦したクリエーションミッションのステージが放送される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/30 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます