HiHi Jets作間龍斗、19歳の誕生日記念場面写真公開 監督絶賛の芝居への貪欲さ見せる<ひらいて>

【モデルプレス=2021/09/30】女優の山田杏奈が主演を務め、HiHi Jets/ジャニーズJr.の作間龍斗と女優の芋生悠が出演する映画「ひらいて」(10月22日公開予定)。この度、作間演じる“たとえ”の新場面写真解禁が公開された。

◆山田杏奈主演「ひらいて」

原作は、女性から圧倒的な支持を得る芥川賞作家・綿矢りさが、高校生の思いつめた恋心、暴走する想いを描き、人間の根源的な愛を問う文芸少女のバイブルとなった小説「ひらいて」。弱冠26歳・新進気鋭の若手監督・首藤凜による脚本・監督にて映画化される。

学校でも優等生でビジュアルも良く人気者の「愛」。恐れを知らない彼女の熱い恋心は、彼の「恋人」にまで向けられ、物語は三角関係だけにとどまらない方向へと進んでいく…。エキセントリックでありながらも切実な純愛を描き、いかなる恋愛映画も及ばなかった境地に行き着く、青春映画の系譜を飛び越えた本作。新感覚・乱反射する少女たちの切実で、熱く、ゆがんだ恋物語だ。

◆作間龍斗、芝居に対する貪欲さ見せる

30日は本作の西村たとえを演じた作間の誕生日。この度、19歳の誕生日を記念して新場面写真が解禁。教室では目立たない存在のたとえ。しかし、その儚げで優しい雰囲気の横顔は、どこか引き寄せられる魅力を纏っている。

本編の序盤にある、施錠されている深夜の学校に愛(山田)が忍び込むというシーン。愛はある強い動機を持って、開かない柵をよじ登ったり、窓枠を歩いたりとイタズラの範疇を超えた危険な行動に出るのだが、そんなシーンの撮影の際、作間は自分の出演シーンが終わっているのにもかかわらず見学を直訴。首藤監督から「愛はこのくらいの暴力性でくるから」と説明を受け、最後まで真剣に山田の演技を見つめ続けていた。そんな作間に首藤監督は「彼なりに何かを感じ取って、その後のたとえとしての気持ちを作ってくれたように思います」と語る。この日に限らず、作間は自分の撮影が終わっても山田と芋生の撮影を残って見学し、芝居に対する貪欲さを感じさせた。

さらに、それまでは穏やかで決して本心を見せなかったたとえが、初めて愛に対して激しい言葉を発し意外な行動に出るシーンでは、初めて作間自ら、たとえの演じ方について自分の意見を監督に提案したという。「私のイメージではもっと突き放す感じだったんですが、作間さんはこれはちょっと言えないと。でも愛に対して同情というか、“この人かわいそうだな”って気持ちを持てたら言えると思いますとおっしゃるので、実際リハーサルでやってみたら、私が思っていたよりも良かったんです。これはたとえの優しさなんだと、私自身発見できたところがありました」と監督は作間の役作りとその演技を絶賛。

そんな作間は、大切な恋人を想いながら、また別の少女からも狂気にも似た恋心をぶつけられるたとえをどのように向き合って演じたのか、芝居に対する貪欲さを見せたその演技に注目だ。(modelpress編集部)

◆山田杏奈主演「ひらいて」あらすじ

高校3年生の愛(山田杏奈)は、成績優秀、明るくて校内では人気者。そんな彼女は、同じクラスの“たとえ”にずっと片思いをしている。彼はクラスでも目立たず、教室でもひっそりと過ごす地味なタイプの男子。だが寡黙さの中にある聡明さと、どことなく謎めいた影を持つたとえに、愛はずっと惹かれていた。自分だけが彼の魅力を知っていると思っていた。しかし、彼が学校で誰かからの手紙を大事そうに読んでいる姿を偶然見てしまった事で事態は一変する。「たとえに、恋人がいるのではないかー」その疑惑がぬぐいきれず、愛はある夜、悪友たちと学校に忍び込み、その手紙を盗んでしまう。

手紙の差出人は、糖尿病の持病を抱える地味な少女・美雪。その時、愛は、初めてふたりが密かに付き合っていることを知るのだった。それが病気がちで目立たない美雪(芋生悠)だとわかった時、いいようのない悔しさと心が張り裂けそうな想いが彼女を動かした。「もう、爆発しそうー」愛は美雪に近づいていく。誰も、想像しなかったカタチで…。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/30 12:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます