おぼん・こぼん 娘同士もコンビ組むも「父親譲りのケンカ原因」でとっくに解散

拡大画像を見る

 29日にTBS系で放送された「水曜日のダウンタウン」で、不仲コンビで有名になってしまったベテラン漫才コンビのおぼん・こぼんの仲直り企画が放送されたが、その中でそれぞれの娘同士もお笑いコンビを結成したものの、ケンカして解散していたことが分かり、スタジオも驚きの声が上がった。

 番組では仲違いしてる2人を仲直りさせる企画を始動。その中で2人の娘にも話を聞くことになった。

 実はこぼんの娘・いづみさんと、おぼんの娘・千尋さんは誕生日1週間違いの同い年で、かつて「くれよん」というコンビを組んで活動をしていた。番組では「くれよん」当時の2人の映像も放送。うれしそうに娘を紹介するおぼん・こぼんの姿も放送していた。

 娘2人は都内の喫茶店で再会し「久しぶり~」「うわぁ~」「多分、クリスマスパーティー以来じゃない?」など、久しく会っていなかったことを伺わせる会話も。

 ナレーションによると2人は「父親譲りのケンカが原因で、コンビはとっくに解散」と説明。「そして父達の関係も合わせ、娘達もすっかり疎遠に」と語られ、スタジオのダウンタウン浜田雅功も「なに、それ…」と驚き、麒麟・川島明も「寂しい話や」としんみりした表情を浮かべていた。

関連リンク

  • 9/30 11:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます